島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンバレ!と言われてみるのもいいかも

2014-07-11-Fri-02:18
1年以上ほったらかしのブログ。

自分の備忘録で書いておきます。

先日、営業先の20代前半の男性と仕事上やり取りしていたメールに「聴いてみてください」とUVERworldのYou Tubeが貼り付けてありました。

久しぶりに新しいアーティストを聴くことになったのですが、このUVERworldって歌詞にボーカルがかなり強い想いを乗せているので、じっくり聴いてみたのです。

しかーーし、聴くにつれて30代の私には「夢は叶う」「強くなれる」「頑張ろう」というメッセージが少々重いなぁと感じたのでした。

だってねー30代半ばとなれば、夢なんて叶わないことのほうが多いんだって気付くし、頑張ってもダメなことがあることも分かるんだよね。

でもそれでもなんとなく日常生きていくなかで、ふとしたことに幸せを感じることができれば、それでいいんじゃない?というのが私の信条なのです。これ以前のブログでもふれてますが。

だから私はミスチルの桜井さんや斉藤和義が「頑張ってもだめなときもあるよ」「のんびりいこうよ」と言ってくれるメッセージが好きなのです。

そう思っていたのですが、そういえば我が家には今から夢をいっぱい膨らませてる男の子2人がいますねーー

今は甘ったれで、いつも母ちゃんに怒られてばかりいますが、後10年もなれば、男になるのです!

戦わなくてはいけないことだって、いっぱいあるのです。夢がないと何の原動力も生まれないのです。

そんな男の子たちに私が最初から「がんばらなくてもいいよ」というスタンスだったら、それって子どもは敏感に感じ取ってしまうよな・・・・

彼らが頑張ってだめなときは「そんなときもあるよ」と声をかけてあげればいいんであって。

そう腑に落ちたときに、もう1回UVERworldの歌詞を聴けば、10代~20代のときはやっぱり「頑張れよ!」とストレートに声をかけてもらうことって必要だよなと思えてきました。

ごちゃごちゃ考えて重かった言葉がふと軽くなりました。

自分だって当時は、ミスチルの「雨のち晴れ」や「I'll be」を聴いてたんだし。



勧められたのは別の曲だけど、私はたまたまこれがストンと落ちました。7年前、大好きだった働きマンの主題歌だったこともあるし。
あ、でもカメラ目線で歌うイケメンは苦手なので、PVよりも音楽だけ聴いてます。

浮世CROSSING

昔からだけど、どっぷりと音楽にはまると元気もらえる性格です。火曜日からガツンと落ちていたのがようやく台風でヘビロテできたので立ち直れました。

落ちてるときもストレートなメッセージは心地いいです。




ここから追伸ですが、柴門ふみの同窓生を見ていた横で、次男が斉藤和義の「ずっと好きだった」を歌い始めました。

「ずっと好きだった」は同窓会で昔の好きだった人に再会するという歌。

どれだけタイミング良すぎるんだ!!次男、スバラシイ!!


この子たち、将来どんな音楽を選んで聴くようになるんだろう??

楽しみだよなー


スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。