島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不公平と矛盾

2011-06-30-Thu-01:03
私の朝はワーママでもないのに、戦争のように大忙しです。

まず、宵っ張りなので私の起床が6時40分。子どもたちの起床は私と同じ時間か7時半と幅があり。

それから朝食3人分(うち2人は子ども用)とお弁当2人分(うち1つはミニラ)を作り、子どもたちに朝食を食べさせ、8時過ぎに夫を職場まで送り、8時25分に帰ってきて子どもたちの身じたくをして、洗濯機を回し、8時50分にミニラを幼稚園に送るというパターンです。

ミニラも幼稚園に通い始めて1年3ヶ月となれば、朝の準備もだいたい慣れてきて、私が爆発することなく朝の準備を誘導することができるようになってきたのですが、問題はジュニアなのです。

イヤイヤ期というか自己主張したい真っ只中なので、自分がこれをしたいと思ったら、頑として聞かず。

やれDVD見せろ、プラレールで遊びたい、オーズのベルトで遊びたい、抱っこして、朝食を食べたくない、歯磨きをしたくない、靴をはきたくない、幼稚園で遊ばせろ、その他もろもろです。


これらのジュニアの自己主張、8時と8時50分という2回の送りの時間をみて、可能であれば聞いてやるのですが、できないときもあります。

とある朝は、8時の夫の送りに間に合わないから、泣いていようと何も聞かず強制連行。当然車でも泣きまくり、その後家でも泣きまくり。

またとある朝は、ジュニアを怒らすまいとなるべく要望を聞いてやってたら、しっかり自分で準備したはずのミニラが少し遅刻。


ジュニアの自己主張、夫の仕事の送りのときは要望を聞かないのに、ミニラの幼稚園の送りときは遅刻させてまでも要望を聞いてやるというのは、ジュニアから映る親として行動が一貫してないのは重々承知です。

ミニラとしては「ぼくは早く幼稚園に行きたくてちゃんと準備したのに、どうしてジュニアのせいで行けないの?」という不満もあるでしょう。


でもなー

その不公平と矛盾だらけなのが、人間関係なのかなーともふと思ったりするのです。

だって世の中では、同じ発見をしても先生にお気に入りの生徒のほうが褒められることもあれば、先方の不注意で締め切りに間に合わなくて、自分が上司に怒られることだって当たり前にあるんだし。



もし1人っこであれば、親はすべて自分の都合に合わせて行動してくれるから、不公平感も矛盾感も味わうことも少なくてすみます。

でもこれが兄弟や家族だから、どこかで不公平感や矛盾感を多少は味わうことになってしまうのです。だって、親も神様じゃないんだから、相手や機嫌やその日の予定によって言動が変わったりするんだし。


どうせ学校や社会に出れば、人間関係なんていいことばかりではなく、矛盾と不公平だらけなんだから、先に家族、兄弟というコミュニティの中でそういうことを多少は味わっておくのも悪くはないのかな。

うんうん、きっとそうだ。

・・・・と朝夕忙しい母は自分で納得しておきます。


でもいきすぎた矛盾や不公平は子どもたちの信頼をなくすというのも肝に銘じておかないと。


imohorimae.jpg

こちらジャガイモ掘り前の2人なり。

自己主張マンのジュニア、へんなかおーーー





スポンサーサイト

COMMENT



2011-07-01-Fri-07:29
大変だ。
うちはダメなものはダメ。
で済ませています。

sunmarkさん

2011-07-02-Sat-12:44
ダメなものはダメって言ったら、ぎゃん泣きして逆にそっちのほうが手間を取られたりしません?
人様に迷惑かけるときは「ダメ」ですが、家の中での我がままというか要望は聞けるときは聞いてやってるから、こういうことになってます・・・・

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。