島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の子のオシャレごころ

2011-06-01-Wed-16:48
年長さんの女の子がいるママさんが、

「娘がお迎えのときに、化粧しっかりしろ、かわいい服で来いとかうるさくって


と訴えてました。

何?



このママさん、カジュアルながらも割とおシャレな格好でお迎えに来てるし、肌の色が白くて目鼻立ちがはっきりしてるから普段は濃いメイクなんて必要なさそうな顔立ちです。

でも5歳の娘さんからすれば、不満らしいのです。

おそらく5歳の女の子からしてみれば、みんなが憧れるプリキュアのように大きなリボンが付いたブラウスにヒラヒラのスカートを着て欲しいのかもしれません。

うーーん、女の子の親というのもムズカシイ・・・・・


そういえば27、28年前の私もこの娘さんと同じようなことを思っていたかも。

うちの母は今も昔も髪は短く、Tシャツかポロシャツかニットにパンツスタイルという人でした。

たまたま母子共々仲良くしていたお友達のお母さんはちょこちょこスカートを着るかただったので、それを羨ましく思ってた記憶があります。

こんな母の娘ですから、当然あてがわれる服もチェックのシャツにキュロットスカートのようなこざっぱりとした服でした。

今、アルバムを見れば、ヘタにピンクのヒラヒラーの服を着せられているよりずっと良かったのですが、当時の私にはピンクのヒラヒラの服は憧れでもありました。

思えば私もちゃーんと女の子だったのよねー



さて、話は元に戻りまして、幼稚園児ぐらいの子が「かわいい」と思うスタイルと、大人の女性が「かわいい、かっこいい」と思うスタイルというのは当然ながら大きな隔たりがあります。

そうとは分かっていても、百歩譲って、たまには幼稚園児によく見えるような服を着て、「うちのママはかわいいでしょ」「○○ちゃんのお母さんはかさいい格好をしている」と思ってもらうのも悪くはないのかなーと思ったり。(別に子どものアニメキャラのような格好をしろというわけではなく)

うちは「ゴーカイジャーの靴下はきたい」ぐらいしかこだわりがない男の子の母だけど、先週ついでに夏用のワンピース3枚にアイロンをかけてみましたとさ。

出番はいつになることやら。



starttoday.jpg

こちらがmixiでつぶやいてたstart todayのおそろいの災害復興支援Tシャツ。

シンプルで子どもとしては魅力ないだろうけど、男の子だから文句いわず着てくれて感謝感謝。

ジュニア、夏に日焼けする私の子らしく、色くろっ。どれだけ焼けてるんだい


スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。