島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手を抜き過ぎた!

2011-04-28-Thu-23:08
2人目は本当に手抜き育児なのですが、最近手を抜きすぎたことが判明・・・・

ジュニア、未だにコンビの補助付きのやつでもお箸の握り方がむちゃくちゃ。

スプーンが未だぐー握り。 何度直してやってもすぐにまたぐー握り。

鉛筆もぐー握り。


これらは親指、人差し指、中指の動きがうまく発達してない証拠だわ。


ミニラは2歳のときジュニア出産のために無認可の保育園に1ヶ月ちょい預けられ、そのまま週1~2通っていたからそこでしっかり教えてもらっていたようで、私が教えずとも気が付けばできてました。

母ちゃん「いつかできるやろー」とのん気に構えすぎた!と、わざわざエジソンのお箸を購入し今週より食事中は膝の上にて練習。

ジュニア、ごはんが食べにくいのが嫌でしょっちゅう脱走をはかっております。後、1週間ぐらいの辛抱だな。



子どもに身につけさせる生活習慣、トイレトレーニング、お箸の持ち方、鉛筆の持ち方、着替えなどなど。

これって専業主婦してるとほぼ100%母親がしつけなければいけないことであり、代わりに誰かがやってくれるわけじゃないので、責任重大なのよね。

そしてこういう生活習慣って子どもができるようになって当たり前で、誰も苦労してしつけた母親を褒めてくれる人なんていないし、むしろできないと母親がダメだしされる。(もちろん誰も母親の前でダメだしなんてしないけど)

母親ひとりでいっぱいいっぱいになってイライラするより、昔ながらの大家族で大人の手がいっぱいある育児や、働いてて時間的には大変だけど保育園という子どもにとってもうひとつの生活の場がある育児っていいよなーと思ったりします。


この中で多分1番手がかかるのはトイレトレーニング。何よりも失敗されたときの後始末といったらもうもう・・・

育児と仕事を一緒にしちゃいかんけど、仕事上でトイレトレーニングぐらい時間と手間がかかるプロジェクトが成功したら、上司や同僚からねぎらいの言葉ひとつぐらいいただけそうなものでもあります。

周りにオムツがはずれた子どものママさんがいたら、そのママさんをいっぱいいっぱい褒めて、苦労話を聞いてあげてください。

だいたいどの子も苦労の伝説が1つや2つはあるはずですから(笑)

(別に私自身が育児ノイローゼに陥ってるとかじゃないです。マイミクさんが書いてた日記とジュニアのお箸の件がちょうとタイミングよく重なったから書いただけですから)


hashi.jpg

「ジュニア、お箸使ってみてよー」と言っても「いや、かあちゃんといっしょに」と言うジュニア。

スポンサーサイト

COMMENT



2011-04-29-Fri-11:57
えー。そんな時期なのね。
うちもスプーンも鉛筆もグー握りよ。
時期的にもう少し後に教えればいいと思ってたー。
箸は最初からエジソンで、補助なしの箸でも下から握るようにはさせたけど、補助なしの箸だとまだうまく食べれないし・・・。
ハサミもちゃんと持てるけど、こう考えると全体的に結構いいかげんだなぁ・・・。物事によって教え方に差が出てるわ・・・。

ママ友とよく交流していた頃にはいろいろな進み具合がチェックできてて、鼓太朗は比較的なんでも早く出来る方だったから安心しすぎてたのかも・・・。
ひきこもりはこういうところがダメになってくるのね、と反省。
オムツ外れもスタートが順調だった割に結構後戻りで時間かかったしなぁ・・・。
ってか夜のオムツ、いつ外すか悩み中・・・。
ほとんどすることはないけど、万が一ベッドにされたらって思うと踏み出せなくて。
とりあえず羽毛布団から毛布に変わったら夜もパンツマンOKだそうかな・・・。そんなんでいいのかしら?

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。