島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こころ温まるつぶやき

2011-03-16-Wed-01:43
東北地方太平洋沖地震が起きてから、テレビから流れてくるのはおぞましい津波とその惨状、被害者の数、家族を失った被災者たちの悲しい姿、被災者たちの苦しい避難所生活、福島原発の被害状況です。

でもこれが現実なのですから、どれだけの地震と津波だったのか想像もつきません。

先日、志布志という港町まで病院のために出かけたのですが、人口3万人のこの街もこの前の津波がきたら街ごと全部なくなってしまうことに気付き、津波の恐ろしさが少しだけ想像できたような気がします。


私は鹿児島在住なので地震の揺れもなく、停電もなく、気楽なもんだと思われるでしょうが、これだけの惨状を見ていると、自分たちが今は安全で不自由ない生活を送っていられることのありがたみを今更ながら感じます。

私の親戚、友人は関東在住者も多いので、彼、彼女らの様子を聞いていると余計にそう思います。



テレビではどこも同じようなことしか報道していないので、ツイッターをよく眺めているのですが、とても温かい、元気になれるツイートが多いこと多いこと。

テレビなど報道陣が詰問するような口調で質問していたり、コメンテーターが批判をしてるのを見ると、報道のプロの人たちよりも、顔も知らない人たちの言葉にほっこりさせられたり、涙がこぼれたりします。


ツイッターというのは顔も知らないかたや有名人の今のつぶやきがどんどん流れていき、過去のつぶやきを見ることはとても難しいので、私の覚えている範囲で抜粋です。(記憶の範囲なので正確ではないこともあります)



自衛隊のかたが助けた被災者の数が9700人を超えました。本当にありがとう。もっとこういうことを報道してくださいよ。(3月14日現在です)


私の父は原発職員で退職間近でしたが、志願して福島原発に派遣されました。こんな父を誇りに思います。


福島の友達が、「被ばくで怖いのは、健康被害じゃなくて、差別」と言っています。どうか「自分は差別しない!」と胸を張って言って下さる方、RTを下さい。偽善でも、その数を友達にみせてあげたいのです。


東電も原発も自衛隊も警察もレスキュー隊のかたもみんな不眠不休で頑張っています。それを非難できる人なんていないはずです。


九電の入社試験の面接のときにこう言われた。「電気なんてあって当たり前と思わている。あるのが当たり前だから感謝もされません。でも、なかったら非難されます。それでもうちを志望しますか?」


紙おむつ、粉ミルク、簡易食料をこっそり自分の荷物の中に隠して持って現地に赴く自衛隊員がいる。それを表向きは注意しながらも目をつぶる上官たちもいる。





追記

2番目のツィート、Yahoo!でもでましたね。

私の記憶違いでしたが、このお父様は電力会社で原発を専門にやっておられるとのことでした。

これって記者がツイッターから拾って取材したんだよな、多分。




スポンサーサイト

COMMENT



携帯からの

2011-03-16-Wed-09:53
書き込みに成功!今更かよ~(´Д`)

mixiからじゃなくて、検索し直せばよかったんだわと今朝ハッと気づいた。(頭固いわ~ )

本当、温かいつぶやき。
昨日、関東に住む友達とつぶやき合っていたんだけど、マスコミが吊し上げにシフトチェンジしているのを感じるって。まだ、震災は終わってないのに!って。
だから私も、最近、民放はほとんど見てない。(NHKも怪しいけど)
現地では、危機に直面して命懸けで戦っている人たちがいる。そして、そんな人たちのお陰で、回り回って私たちも救われている。

マスコミは寄ってたかって作為的な編集を感じるような情報を流すけど、ぬくぬく無事に過ごしてる人たちこそ、身体張って頑張っている現場の人たちにちゃんと目を向けて、エールを送りたいと思うよ。

ささやかでも、今できることを。

りえりえ♪ちゃんへ

2011-03-17-Thu-01:35
まず、私のブログは携帯のmixiからアクセスできないのね。
てっきりコメント欄が携帯からは場所がわからないんだと思ってた。
他にmixiしてる友達から携帯借りてアクセスすることなんてないから、確認する術がないのよね。
すいません。

民報、まだ吊るしあげとまではいかないけど、「なぜこんなことになったんだ」「誰が悪いんだ」と原因判明、犯人探しをしようとしている感じはする。
最終的には政府を叩けばいいんだしね。

危機に直面して戦っている人はいっぱいいるのに、その人たちの状況がテレビからはほんの一部分しか伝わってこないのが残念。
そうだよね、「回り回って私たちも救われている」んだよね。
すごく納得。

ささやかでも、今できること。
多くの人がそう考えていると願いたいね。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。