島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分に自信を持つ!!

2011-03-10-Thu-00:47
3月8日のめざましテレビで日本とアメリカの女の子に

「自分の容姿に自信はあるか?点数をつけるなら何点?」

という調査をしていました。

日本の女の子の平均は50点以下。

アメリカの女の子の平均は80点以上。


日本の女の子は「モデルさん、芸能人と比べたら自分はまだまだだなぁ」というようなコメントが多し。

アメリカの女の子は「私は自分が好きだからこれで満足してるわ」というようなコメントが多し。

日本人は謙遜するのが美徳とされるが、この差に朝からびっくりしたとこでした


この差はどこから生まれるかといえば、親の教育からきているのではないかということです。

アメリカ人の親は子どもを褒めて褒めて育てる。更に人前でもおおいに褒める。

おおいに褒めて育てられてるから、自分は自分でいいんだという自身が当たり前のように植え付けられている。

日本人の親ももちろん子どもを褒めて育ててはいるのでしょうが、さて人前でおおいに褒めてるかといえば???です。

残念ながら私もそうかもです。

今朝、ミニラが幼稚園ですれ違ったお母さんに挨拶ができたから「よくできたねー」と褒めはしましたが、家で野菜を一口食べられたときぐらいに大げさに褒めたりはしません・・・・・


そう考えたときにふと、それを実践している友達が身近にいるやん!ということに気付きました。

このブログでもたまに登場するCちゃん。

Cちゃんの最近の日記よりちょいと抜粋。

娘は良い子です(親バカ"笑)
娘の良さを知らない人が
たまたま娘のイヤイヤっぷりを見て
『あの子ワガママー』
と勘違いするのは嫌


怪獣の日々は幻だったんじゃないか
ってくらい良い子な娘ちゃん。



Cちゃん、日記だけでなく、人前だろうとおおいに娘ちゃんを褒めて育ててます。

でもそれが嫌みに見えないのは、彼女の人柄もそうだけど、娘ちゃんだけでなく一緒にいる友達もおおいに褒めるからなのです。

前回会ったとき、私はCちゃんに子どもたちの歯磨きをせっせとしてるのと、Aちゃん宅に行くのにみんなで食べる餃子を手土産で準備してたのと、ヒラヒラのペチコートを褒められました。

ジュニアとミニラも娘ちゃんに玩具を譲ることができたのを褒められました。



子どもが自分に自信がある子に育てるには、謙遜はちょいと抜きにして人前でもおおいに褒めることも必要。

でも謙遜が美徳の日本人の中でも嫌みに見えず、おおいに子どもを褒められる術をCちゃんからもっと盗んでいかないとなぁ






番外ですが、「自分の容姿に自信はあるか」の話に戻します。

夫とこの話をしておりました。

私「78点かなぁ。子ども産む前のスタイルやったら85点は付けれるね」

夫「オレは90点」←私は90点はつけんぞ!

はい、自意識過剰夫婦と言われても文句言えません。


更に、美女仲間のAちゃんにも同じ質問をメールでしてみたとこ

「顔だけだったら85点やねー総合的やと点数下がるけど」

とのことでした。

はいはい、私の周りは自分に自信がある人の集まりみたいです。

でもですねーこのAちゃんと一緒に大学の韓国留学生との2週間の交流プログラムに参加したとこ、韓国人男子学生にウケが良かったのは間違いなく私たち2人でした。

自分に自信があるというのは国際社会でも必要必要





85点の私の姿はこのブログのプロフィールにある後姿なり。



スポンサーサイト

COMMENT



2011-03-10-Thu-11:52
私もそれちょうど見てました(*^^*)
日本人は自分に厳しいのかな?と思いましたが皆それぞれ違うのかなぁ。。笑
男子は女子より間違いなく自分に甘いから点数が高いとか(笑)



ただ私も他人に対して誉め上手になりたいです。

kaoringoさんへ

2011-03-12-Sat-00:53
ちょうど見てましたかー
けっこう衝撃的な差でしたよね。
アメリカ人で「え?あなたでこの点つけられるの?」という女性もいれば、逆に日本人で「こんなにきれいなのにこれだけの点しかつけないわけ?」という女性もいたりで。
男性、確かに自分に甘いですな。酒なんて飲んだらさらに自分に甘くなりそう(笑)

誉め上手なれるように頑張りましょ!!

2011-03-13-Sun-07:25
自分に余裕がないと、人の気持ちや態度まで気がまわりませんねえ。
そう考えてみると、結果的に
自分に自信があると、いろんなことにチャレンジできるから、苦労することも多いけれど、自然と人との接し方がわかったり、人の気持ちがなんとなくわかるようになったり、自分そのものが鍛えられたりして、普段の生活に余裕ができてくるのかな。
そしたら、自分のことで精一杯にならずに、他人のことまで気がまわって、褒め言葉につながるのかな。
とかなんとか考えてみました。

私自身は?自分の子ども、他人の子どもかまわず褒めまくりかも。普段働いているとき、周りの成果や、人格態度でも、すごいと思ったら、褒めてます。正確には褒めるというより、正当に評価しているだけです。
ただし、人妻だけは5割引かも。

sunmarkさんへ

2011-03-14-Mon-23:01
自分に自信がないと人の気持ちまで気が回らないし、「あの人はいいなぁ、それに比べて・・・・」と卑屈になってしまいがちです。
実際、私が高校時代の成績ではそうでした。
自分に自信があると他人のことまでよく気が回るようになると思います。そういう人ってどことなく余裕を感じますよね。
そう考えると内面も外見も自身を持つって大切なことだと思います。
sunmarkさんは自分のお子さん、他の人のお子さん、褒めまくりなのですね。外で自分の子どもを褒めるってことが足りなかったなぁと反省してます。
人妻は5割引きですか。そりゃー変なふうに見られたら困りますしね(笑)

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。