島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンタさんの存在

2010-12-28-Tue-01:24
昨年お願いした町の青年団のサンタクロースを今年もお願いしました

サンタさんから渡してもらうプレゼントを購入するにも、買うものをほぼ決めてミニラが幼稚園の間に出かけ、車の中でジュニアが寝るまでぐるぐる回り、寝たらそっこーでイオンに向かいジュニアは車に寝かしたままダッシュで買物し、ばりばりクリスマスラッピングのプレゼントはトランクの中へ


サンタクロースの申し込みとプレゼントの引き渡しも、子どもたちに「お母さん、○○をスーパーで買ってくるから、ちょっと待っててね。すぐ帰ってくるからね。」と言って家において出かけ、ダッシュで申し込みに行きました。(申し込みが18時半から20時という微妙な時間だったのよー)

「母ちゃんがサンタクロースをお願いした」とばれないようにするために、母ちゃんは苦労するのですわ。

そして24日のクリスマスイブ、朝から山のような洗濯ものを干した後、ケーキ作り、ミニラの病院、ミニラの美容院、クリスマスディナーのツリーサラダ作り(それ以外はチキンを焼いただけでいたってふつーの夕食だった)、ケーキ飾りつけなんかをばたばたでこなしました。

私、この日の昼食は立ったまま食ぱんをかじっただけ。

サンタさんが来る時間と夕食が重ならないように、夕食は少し早目にして、さーて後はサンタが来るのを食器洗ったりしながら待ちました。


ミニラも幼稚園でクリスマスの歌を色々習っていたので、PCでクリスマスソングを流し、クリスマス気分満載です。

12月に入ってずっと「いい子にしてたらサンタさんが来るよ」と言ってたので、なんとなく去年と同じようにサンタさんが来るんじゃないかと分かっているみたいです。

そして19時半、ピンポーン!!とインターフォンが鳴り、外に「シャンシャンシャン~♪」という鈴の音が聞こえました。

2人を「ほら、玄関に行ってごらん。誰か来たよ」と促し連れて行き、玄関を開けると、去年と同じサンタさんが

「メリークリスマス!」

とやってきました。

ミニラは「ひゃーーーー!!」と大興奮

ジュニアは見慣れない姿のサンタさんに「こわい・・・」と言って、部屋に引っこむ始末。

ミニラプレゼントをいただき、更に興奮。

santa.jpg



部屋に引っ込んでたジュニア、プレゼントがもらえるとわかるとまた出てきて、しっかりお礼を言っていただきました。

お返しのプレゼントを渡し、写真を撮って、サンタさんは去っていきました。


その後はサンタさんが来たということより、プレゼントの中身に夢中。

ミニラは前回の記事のように仮面ライダーオーズのベルト、ジュニアはプラレール新幹線0系の6両セットとレールを2種類。

ミニラはまだオーズ初心者なので、ベルトの使い方がよくわからず、どちらかといえばジュニアのプレゼントで2人で遊んでるという感じでした。これ高かったのに~(涙)

その後、夫とともに子どもたちと飾りつけたケーキを食べて、我が家のクリスマスイブは終わりました。

chistmasucake.jpg



さて、翌日。

うち以外の家庭はみんな夜にサンタクロースがやってきたので、朝に「サンタさんがきたーーー」と喜んでた姿がお友達の日記やツイッターのつぶやきでも見られました。

どの家庭でもクリスマスの靴下やサンタさんへの手紙をどこに置くか色々思考したり、窓のカギがちゃんと開いてるか確認したり、「うちは煙突がないけどどうするの?」という会話がくり広げられたりしたみたいです。

その日のお昼、スーパーに子ども2人連れて行ったときに、レジの顔見知りのおばちゃんから

「ぼくたち、サンタさんはちゃんと来た?」

と話しかけられ、

「もううちの子のときは、夜中に『サンタさんは?』と何回も起きられて大変だったーー」

という話をされました。



それらの日記やつぶやき、レジのおばちゃんの話から、子どもにとってのサンタクロースの存在についてちょっと考えてしまいました。

私がお願いしたサンタクロースに直接プレゼントを渡してもらえるということも、子どもにとっては嬉しいことに違いありません。

でも、見えないサンタさんのことを思って靴下やプレゼントの場所を考えたり、窓のカギを開けておくとか気遣ったり、何度も起きてしまうぐらい心配する経験っていうのもとっても大事なんじゃないかなぁと思ったのです。

子どもが見えないサンタクロースの存在を信じていられるのも4~7年ぐらいなのです。

去年と今年、サンタさんをお願いしてしまったことで、そういう経験をさせることを奪ってしまったかなぁ。

もしかしたら、子どもにとっていい機会を奪ってしまったのかなぁ。


来年は、夏に転勤がかかる可能性もあるので、町の青年団のサンタクロースはお願いできないかもしれません。

来年になっていきなりサンタさんが来なくなったらどう思ってしまうのか、母ちゃんとしては来年のことながらちょいと悩んでしまいます。





スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。