島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

摩訶不思議な存在です

2010-09-02-Thu-09:51
mixiでも散々つぶやいておりましたが、このブログでもたまに登場するかわいい(自称)Aちゃんに赤ちゃんが生まれました

大学時代からお互い「私のほうがかわいい」と言い続けて十数年、ついにママ仲間になったかぁと感慨深いものでした。

そろそろ「私のほうがかわいい」は止めて「うちの子のほうがかわいい」になるか?


このAちゃん、出産は破水から始まったようで、入院はしたが痛くもないし暇だったようで、「今朝破水して入院しとう」というメールを昼過ぎにくれました。

今まではどの友達も出産後の「生まれました~」メールだったので、「今から産むから」なる宣言?メールをもらったのは初めてでした。(まあ、お産って何があるかわからないから、私も産後にみんなに報告だったけどさ)

そんなん言われたってことは、Aちゃんご家族と一緒の舟に乗ってしまった同然です。

これまた友人であるダンナくんにメールしたとこ、ダンナくんから電話がきて、

「『午後ティーとおやつを買ってこい』と命令された、ガッハッハ」

と興奮しきった声で話されました。うーーん、こういうとき男というのは舞い上がるばかりのもんらしいです・・・・

あなた、嫁さんが今から地獄の苦しみを味わうっていうのに。

その日のうちに陣痛はこなかったようなので、ならば明日の午前中以降になるんだろうなーと思いつつ寝たら、朝の6時、ダンナくんの「病院から呼び出された」というメールで起こされました


明日だろうなーと私が呑気に寝ていた間にAちゃんは夜通し地獄の苦しみを味わっていたようです。

以降メール着信音を最大にして、お弁当を2つ作りーの、ミニラとジュニアに朝ごはんを食べさし―のしながらもいまかいまか待っていたら、8時過ぎの夫を職場に送った後の車の中で

「ピタゴラスイッチ~

というメール着信音が鳴りました。

「迷惑メールだったらくらすぞ」と思いながら、急いで携帯を確認したら、無事に生まれたとのこと

ほっとしてへたりこみたい気分でしたわ。

後はもう私も気分的にるんたった♪状態で何するにも鼻歌まじり~です。

午後に電話してみたら、Aちゃんは元気ぴんぴんで早口でこうまくしたてました。

「死ぬかと思ったよ。みずちがちらりと言いよった『無痛分娩』にせんかったことをまじ後悔した。あっちこっち痛くて眠れんけん、未だ起きとう。私の1時間後にも生まれる妊婦さんがおったけん出産を急ぎよったとって。ああ、赤ちゃん?かわいよー」←赤ちゃんについてのコメントが最後というのもポイント

「天使のような赤ちゃんが生まれて幸せいっぱいよー」という雰囲気は2割程度しか感じられず、元気な文句たらたらでした。

この母の元、赤ちゃんは強く育つに違いないぞ。


ママ友達と違って、昔からの友達の子というのはみんな不思議な存在です

どうしても「この子、○○ちゃんの遺伝子をしっかり引き継いでるんだなー」という目で見てしまいます。もちろんとってもかわいいのです。

更に今回生まれた赤ちゃんは、長年の付き合いのAちゃんとダンナくんの掛け合わせという、私からすれば2重に摩訶不思議な存在です。

どんな顔してるのか、実物に早く会ってみたい!!

この赤ちゃん、ダンナくんの意思で「鉄ヲタ」に鍛え上げられるだろうから、うちのミニラとジュニアの子分になること、間違いなしです。


写真は出生2日目のジュニアの手。生まれた赤ちゃんの手も今はこんなに小さいんだよなー


handkei.jpg


あ、今日はジュニアの誕生日だ。早くケーキにアンパンマン描かなくちゃ。




スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。