島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お誕生日会でした

2010-07-08-Thu-14:43
先日は幼稚園で6、7月生まれの子どもたちの誕生日会で、その保護者は参加してくださいということでした。

うちのミニラは7月25日生まれです。

最初に誕生日の子とその親で写真撮影をして、みんなで誕生日の歌を歌って、誕生日の子どもたちとその親はインタビュー形式でみんなの前で少し話しをしました。

ミニラは

「好きな食べ物は桃です」

「将来はケーキ屋さんになりたいです

とのことでした。

ちなみに断っておきますが、私は家でケーキを作るのなんて、年に3回だけで、母ちゃんがよくケーキを作っているからという理由ではないと思います。

なのになぜケーキ屋さんかというと、多分ケーキ屋さんに並んでいるケーキを眺めて、選ぶのが好きだからです。


ここまではジュニアをごまかしつつもなんとか楽しめたのですが、後半はジュニアが、自由に動け回れないのに怒って、1時間ぐらい大泣きで散々な目に遭いました

ミニラが踊りながら歌ってるのも、プレゼントもらうのも見てあげられなかった。下に赤ちゃん~1歳児がいるとこういうことがあるのよね。すまん、ミニラよ

担任の先生と撮影した写真入りと手形を押したカードをもらって、簡単なプレゼントをもらって、歌って、インタビュー形式で話をして、写真撮影をして・・・・

これって私の記憶にある私の幼稚園時代のお誕生日会と似てるよなぁ。

幼稚園の行事って二十数年の時を経ても、変わらないものなのね。


私の中で自分の幼稚園時代のお誕生日会での鮮明に覚えているのは、私が立っている横で、母がマイクを持って話している写真です。

うちのおしゃべりの母のことだから、きっと他のお母さんより長々と話してたことでしょう。


今まで私がミニラ&ジュニアにしたことって、正直自分が母からしてもらったんだなぁと実感がわきませんでした。

だって3歳以前の記憶がないのですから。

でもミニラが幼稚園に通い始めて、「このときお母さんはこんなことしてくれたよなー」と自分の幼稚園時代を思い出すことが多くなりました。

遅いですが、今ごろ親のありがたみがじわじわ~と分かってきたような。

ゼッケン付け、ネーム付け、朝と午後の送り迎え(私は幼稚園バスだったけどね)、運動会やバザーへの参加。

ずぼらな私はメンドクサイと思いつつやったけど、これら全ては母が私にしてくれたことです。

少しだけ気持ち入れなおしてやるかっ。


次に帰省するときは幼稚園のアルバム出して見よう。

ぶちゃいくな自分の顔は見たくないけど


tanabata.jpg

こちら幼稚園にあった七夕の飾りです。

ミニラの短冊は「アイスクリームがいっぱい食べたいです」と書いてました。しかーも、この日はアイスクリームがブームだったようで、3,4人の男の子も同じように書いてました。

いかにも幼稚園児らしいわ。ぷっぷっぷ。

スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。