島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初の田植え(準備編)

2010-06-23-Wed-14:32
畑でお世話になってるTさんから「田植えをしてみませんか?」とのお誘いがあったので、ふたつ返事でさせていただくことになりました。

鹿児島の地元ニュースでは「○○小学校の田植え体験の様子です」なることがよく流れているのですが、何しろ福岡出身の私は田植えなんて初体験です。

誘いがあった日から、頭の中は田植えのこといっぱいでここの知り合いと話す機会があれば「田植えするんです!初めてなんです!アドバイスください!」とあっちこっちで猛アピールしていました。

するとこちらの方は何かしら田植えのお手伝いをする機会が多いみたいで、みんな色々教えてくれました。

「長靴は泥に足を取られて抜ける。やっぱり地下足袋だ」

「こっちの田んぼは蛭(ひる)がいない田んぼのほうが少ない」

「田植え用地下足袋を買わないのなら、蛭対策に厚手のタイツをはくべし」

「首元にも日焼け防止があり、あごを紐で留めるあのちょいとださい麦わら帽子を買うべし」

「苗を植えて、最初は倒れててもちゃんとむくっと起き上がってくるから大丈夫」


これらの話で何にびびりあがったかといえば、蛭(ひる)です。

蛭なんて私にとって「スタンドバイミー」の世界で出てきただけです。あんなのが田んぼにいるなんて、しかもスタンドバイミーの少年たちの身体みたいに私の足にもぺたぺた吸いつき、あれを自分の手で取らないといけないなんて恐怖です。

これは絶対に蛭(ひる)にやられまいと決めた田植えルックは、短パンにレギンスにハイソックスという格好です。Tさんは田植え用の濡れない地下足袋があるからそれを購入してくださいと言ってたのですが、1回しか使わないかもしれないからそれは断念しました。

更に天気予報では雨に間違いなかったので、上は夫の十数年前のウィンドブレーカーです。

それに何が必要になるのか全く分からないから、ゴム手袋、捨ててもいい靴、着替え、大量のタオルなどをバッグに詰め込み、まるで1泊旅行ぐらいの荷物になってしまいました。(結局はほとんど使わないものだったんだけどねー)


そんなこんなで、やっと床につくことができたのは1時でした。

とにかくゲリラ豪雨にならないことだけを祈って寝ましたとさ。

スポンサーサイト

COMMENT



2010-06-23-Wed-20:51
その田植え姿が見たかったなぁ。
写真とってないのかな?
ぜひ 見たいわ!!
続編を楽しみにしてるよ~

レスレス

2010-06-25-Fri-15:52
>きょぴりんりんさん
その写真はないのだよ。かなりださださだよー
しかも田植えは雨だと分かっていたから、カメラを持って行っておらず、田植え中の様子も携帯でしか撮影してないし。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。