島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝間VS香山

2010-02-20-Sat-22:44
前もってお断りしておきますが、勝間和代さんのファンの方は今日の記事は気を悪くするかもしれません。


私が勝間和代さんの本を初めて読んだのは「銀行にお金を預けるな」でした。

ベストセラーだったから、図書館で借りてみたのですが、読み進めていくにつれて、著者が女性ということに気付き、びっくりしました。(だって和代っていう名前、ぱっと見ただけでは女性とは限定できないでしょ)

それだけ書き方やアプローチの仕方が男性らしく力強いものだったのです。

でも、あまりにもズバズバとした切り口に正直しんどくなって、途中で読むのを止めました。

この人が知り合いならば、できるだけ近寄りたくないか逆にとても気が合うかどっちかだな。

本は途中で止めたものの、昨年の勝間さんの活躍はなんとなく気にはしてました。


昨年末の南日本新聞で勝間和代さんと香山リカさんが著書でお互いについて批判をし合っていると知り、両方の本を読んでみることにしました。

勝間さんのは「やればできる」、香山さんのはベストセラーの「しがみつかない生き方」です。

やればできる―まわりの人と夢をかなえあう4つの力やればできる―まわりの人と夢をかなえあう4つの力
(2009/12/04)
勝間 和代

商品詳細を見る


しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)
(2009/07)
香山 リカ

商品詳細を見る



私は香山さんに賛成派です。

もしかしたら20代のときに勝間さんに出会っていれば、違ったのかもしれません。

勝間さんみたいにバイタリティがあって、頭もいい人が常にアンテナを高く張って、常に努力していれば、あれだけの成功を収めることができるのでしょう。

でもみんなが勝間さんみたいにバイタリティがあるわけではないし、頭もいいわけではないし、多少は疲れて怠けたりすることもあったりするものなのよね。

更に、社会で働いていると自分の意としないところで不利益をこうむったりすることもあるわけだし。


そんなに出世したり、有名になったり、大金を稼いだりしなくても、努力をそこそこして、食べていけるだけの稼ぎがあるならば、自分の現状に満足してもいいんじゃないかなぁとも思えます。

こう思えるようになったのも、なかなか思い通りにいかない2人の子どもと毎日格闘し、会社でも中堅になってきて色々と苦労している夫を日々見ているからでしょう。


今日も1日頑張った私、エライエライ。

栗原はるみのおすそわけデザートを食べ、こうやって自分時間を満喫中~

自分のこの現状に満足してあげなきゃな。






スポンサーサイト

COMMENT



勝間和代バブル崩壊の一冊

2010-02-21-Sun-00:00
僕が彼女の本を初めて読んだのは『年収10倍UP勉強法』で、10倍UPとまではいかないけれど、自己投資対象を明確に示唆した良書だった。

だけど、彼女が最近出版した本『結局、女はキレイが勝ち』は、内面を磨くという、これまでの著書を全て否定するかの内容で、かつ表紙の「私は美人なのよ」と言わんばかりの拡大写真には驚愕した。

彼女は最近出版頻度が増えてきており、ネタ不足になった結果かもしれないし、出版社がヨイショしてそのまま便乗したのかもしれない。

彼女はこれまでの成功で自分を見失っている様に見受けられた。

2010-02-23-Tue-22:59
そうだった。
年収10UPも勝間さんの本だったね。自己投資、資格の大事さを書いてたよね。
「結局女はキレイが勝ち」は読んだことないんよ。
でも、表紙の写真はメイクさんとカメラマンにきれいに写してもらっても、そこまできれいではなかったような・・・・
カツマーと呼ばれる人たちも増えて、彼女の自己啓発本の需要があるのも事実なのよね。
勝間人気も今年は落ち着くだろうねー
そしたら本来彼女が書きたい内容の本が書けていいんじゃないとも思うよ。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。