島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏さん

2009-08-12-Wed-23:42
最近この2冊の本を読みました。

その日のまえにその日のまえに
(2005/08/05)
重松 清

商品詳細を見る


納棺夫日記 (文春文庫)納棺夫日記 (文春文庫)
(1996/07)
青木 新門

商品詳細を見る


どちらも死について、取り扱った作品です。

別に私が余命を宣告されたというわけではありませんので。


どちらの作品にも「死者の顔は安らかで仏さんのような表情をしている」という内容の記述がありました。

私自身、幸運なことにここ数年親族の死に立ち会っていないので、実際の死者の顔の記憶が曖昧なのですが、穏やかに目を閉じて、口元が少しだけ微笑んでいるような表情であったような気がします。


ふと、ジュニアの寝顔を見て思ったのが、これこそまさに仏さんだわー

negao2

ほんとに赤ちゃんって安らか~な表情で寝るのよね。寝息を確認してしまうぐらいだもん。



一方、ミニラはといえば、

negao1.jpg

(ちょいとアトピーの湿疹だらけの写真ですまんねー)

子どもの寝顔として愛らしくはあるけど、仏さんとは言い難い。

何かふてくされて寝てるし。

この日の寝顔はちょっと不機嫌そうですが、寝顔にも喜怒哀楽が少し見てとれるようになってきたのです。

ただ安らかな表情で眠る、11ヶ月のジュニアとは大きな違いです。


ちなみにミニラ7ヶ月の寝顔はこちら。

negao3.jpg

これだと仏さんに少しは近いかな。

寝顔も3年で変わるものです。



病院で生まれて、病院で死ぬことが大半になってきた今日。

人が死ぬときの顔も赤ちゃんの寝顔のような表情に戻るのかもな、と子どもの寝顔を見て気付かされました




スポンサーサイト

COMMENT



管理人のみ閲覧できます

2009-09-06-Sun-01:00
このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます

2009-09-06-Sun-10:11
こんにちはv-22

メッセージ、ありがとうございます。
ご家族共々、お元気ですか?

社内というと銀行でパートされているのですね。
私は銀行で働いたことはないのですが、かなり大変だとは聞いてますv-356

そうです、3月に突然転勤がかかり、曽於市大隅町に引越しました。
奄美は海だったけど、今度は山と畑だらけのところです。

また、いつかお会いできる日を楽しみにしていますv-392

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。