島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の勝手ですが

2009-06-26-Fri-16:42
そこそこの田舎でも必ず存在する娯楽施設はパチンコ屋と図書館です

パチンコはしない主義なので、もっぱら子どもたち連れて図書館通いです。

しかもこの町の図書館は、子どもたちを放牧させて自分が本を選んでも周りに迷惑をかける人がいないので、非常に助かっています。

ちゃんと図書館として新刊なども置いてあるから、大きな町の図書館では予約でいっぱいの本などが借りたい放題です。

ということで冬に人気ドラマだったこの小説をいっちょ読んでみることにしました。

流星の絆流星の絆
(2008/03/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


面白いんだけど・・・・事件の真相をドラマで知ってしまっているから、今ひとつ緊迫感がなく

原作は映像を見る前に読まなきゃ楽しみが1/3ぐらいになってしまいます。


ドラマの登場人物の俳優さんが、小説を読んでる私の想像の中で動いてしまうのは仕方ありません。これも原作を先に読まなきゃいけないひとつの要因でもあります。

私の中でのイメージでは、戸田恵梨香と錦戸亮はぴったり、要潤はまあまあかなってとこ、二宮和也については、「ちがう!」って感じです。

ドラマの脚本は宮藤官九郎ですが、原作に忠実に再現しながら、かつ独特のクドカンワールドを作り上げたところが、改めてさすがだなぁと感心させられました。

ドラマと小説で全然違うラストシーンの二宮和也の台詞とあの表情は最高です。

何かもやもやを全部飲み干すような、すっきり、さっぱりとして、ちょっとスパイスも効いたラストは、ドラマのほうが好みです。


私は小説を読むときは登場人物を自分の頭の中で作り上げたり、自分が監督になった気分で誰か俳優をキャスティングしたりして読みたいので、小説の映像化については、「原作が発表されて2年」とか決め欲しいとこですが、それは私の勝手というものでして・・・・


ついで、次に図書館で借りた小説はこちら。

ジェネラル・ルージュの凱旋ジェネラル・ルージュの凱旋
(2007/04/07)
海堂 尊

商品詳細を見る


あーこれも境雅人が私の想像の中で動き出すことでしょう。





スポンサーサイト

COMMENT



2009-06-26-Fri-20:42
逆に原作が好きなものは映像化されても観ないな。
大抵がっかりしちゃうから。
自分の頭の中で勝手にイメージできちゃうもんね。

レスレス

2009-06-29-Mon-16:37
>saoriちゃん
そうそう、原作が好きなものは観たくないよねー
でもテレビで放映されてるのに気付いてしまったら、興味本位でちらっと見るつもりが、がっつり観てしまって、そして「原作のほうがいいわ」と思ってしまう。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。