島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お茶の入れかた

2009-02-20-Fri-17:43
我が家の朝食は和風であることが多いので、冬場は緑茶を入れます

緑茶の抽出温度というのが70度前後という微妙な温度で茶葉の量と抽出時間によって大きく味が変わってくるので、毎朝が勝負です。

色、渋み、甘みともベストなお茶を入れることができた朝は、気持ちよくスタートが切れます。

写真のお茶は茶葉が少なかったので色はイマイチ。でも抽出時間が長かったので味は渋めっていうやつです。

ocha.jpg


2月に入り、インフルエンザの大流行が少し収まったので、ちょくちょくお友達と会ったりしています

たまたまですが、今月伺ったお友達宅では緑茶が出てくることが多かったのです。

そこでいただいたお茶がまた美味しいこと、美味しいこと

ふと気付くと、彼女たちは生まれも育ちもここお茶どころ鹿児島っこたち。

美味しいお茶の入れ方を小さいときから母親に習っていたんだろうなぁ、とほっこりした気持ちになりました


うちの母親は大の珈琲等なので、私と夫が帰省するとき以外は緑茶は入れないのです。

そういえば、母親にお茶の入れかたなんて教えてもらったことないなぁ。ちと寂しい・・・・


3年前奄美に住んでいたときに働いていた職場の同僚に、鹿児島市出身の女性がいました。

仕事のひとつで職員の方へのお茶入れがあったのですが、彼女はお茶を入れるときにお湯の温度と抽出時間にこだわって、ゆっくり時間をかけてお茶を入れるのです。

当時「仕事のお茶なんだから、とりあえず出せばいいだろう」といういい加減な私にとって、彼女がどうしてそんなにこだわって入れるのか分かりませんでした。

でもお茶を飲みながらおしゃべりしてたときに彼女が言ったのです。

「うちのお母さんがねーどんなに寝坊しても、食欲がなくても、お茶だけは絶対飲んで行きなさいって言ってたのよ」


そんな彼女と先々週会ったのですが、彼女も来月に男の子のお母さんです

彼女のお腹にいるの赤ちゃんが女の子だったら、彼女のお茶の入れ方も母から娘へ受け継がれていくのになぁ、なんて勝手に思ってしまいましたとさ。

(別に男性がお茶を入れないというわけではないのですが、一般的にお茶を入れるというのは圧倒的に女性がすることが多いので)



画像は本文とは関係ありませんが、こちらお座りができるようになって得意げなジュニアの悪魔ちゃんスマイル

akuma3.jpg

もう少しゆっくり成長してくれてもいいのになぁ~





お気づきの方は「後ろはドラえもんの自由帳やん!」と突っ込んでるとこでしょう・・・・

スポンサーサイト

COMMENT



心の余裕

2009-02-20-Fri-22:54
私は心の余裕度によって緑茶の入れ方が変わってしまいます。
ゆっくりと、お湯飲みも温めつつ、お茶を入れるときは、
しあわせ度が高い気がします。
大雑把なときの方が圧倒的に多いですが(汗

流されてしまいがちな日常の中で、いつもベストを心がけるって、いいですね。
写真も、とっても素敵です☆彡

2009-02-21-Sat-18:40
茶は和の心であり、茶道という文化があるぐらいだからね。
大事に思う心は大切だと思う。

鹿児島は全国で2番目の茶の生産地らしいね。鹿児島の経済
発展で欠かせないものだけど、同じ飲料製品として牛乳の競
争相手でもあるから、複雑な気分。お互いの相乗効果を高め
て、両立する仕組みがあればいいのだけどね。

お茶好きです

2009-02-22-Sun-22:28
緑茶美味しいですよねv-365
自分は、母親が茶道をしていたので
小さい頃から、緑茶はもちろんお抹茶も飲んでました。
今でも、緑茶は茶葉で飲んでますよ~。

茶処鹿児島~

2009-02-23-Mon-17:58
親父が生前言ってました
「鹿児島の人は朝食前にお茶飲んでおしゃべりする」って!
今の若い人はさすがにしないよね~
知覧のお茶は私、大好きだからスーパーで買いますよ♪
スエコおばちゃん、コーヒー切れたら頭痛がするっていいよったね!

今週末小笹の実家は人手に渡ります
明美は動物園近くのマンションを買いました
おばちゃんたちが代わる代わるお手伝いにきてくれています

さあ!いよいよ引越ですv-237

レスレス

2009-02-24-Tue-12:28
>楓さん
確かにお茶は心の余裕を映し出してくれる鏡かも。
焦っていると、お茶っ葉の量が多少違ったり、ゆっくり湯を冷ませないまま急須に注いじゃったりするし。
逆にぼーっと考え事してると、長い時間抽出し過ぎてしまったりするし。
育児中だとこなしていかなければいけないことが山のようにあるから、いい加減になりがちなんですけど、お茶を入れるときだけは心に余裕を持ちたいものです。

>B270ホルスタイン
あなたのおっしゃるとおり、ペットボトル飲料として緑茶が伸びたから、牛乳離れが進んでいるのは否めません。
また伊藤園の緑茶は、そちら大隈半島方面の契約茶農家のお茶の割合が高いみたいです。
想像効果、なかなか難しいよね。
でも我が家は週に5本ぐらい牛乳を消費する家庭でもあります。

>無限Fitくん
お母さんが茶道をしてたってなんかいいね。
お抹茶は京都に行ったときしか飲んだことないのよね。
けっこう苦かった気がする。だから和菓子が合うんだなぁって思ったよ。
単身の男性がお茶入れるってすごいね!!
そんなところにもお母さんの影響が出てるんだよね。


>HIROMIねぇちゃん
鹿児島の人は朝食前にお茶を飲んでおしゃべりするかぁ。
さすがに今の人たちはしないかもな。
知覧茶はお茶好きの鹿児島人にも好まれるみたいです。
うちの母、珈琲切れたらダメダメなのに、淹れるのは父の役目です。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。