島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争を知らない子どもたち

2008-11-19-Wed-15:52
先週、1泊2日で広島に行ってきました。初の家族旅行です。

荷物はやたらと多いわ、普段起きないようなトラブルは起きるわ、楽しむ以上に疲れましたわ。

2人の子連れというか、赤ちゃん+猛獣連れですから。

まだミニラだけのときに長崎に日帰りで行ったことあるのですが、あのときは観光でも食事でも夫婦2人で代わる代わるミニラを見ればよかったのですが、何しろ今回は2人とも子どもの相手で手いっぱい。

観光や食事どころではありません

「ミニラとジュニアが幼児2人になるまでは、旅行には行けない」と夫婦で悟ったのでした・・・・


1日目の平和記念公園で撮った写真です。

genbaku.jpg

1945年8月6日の午前8時15分に空を見上げてた子どもたちも、空を飛んでる飛行機をこうやって指差したのでしょうか。

そして気がついたときは亡くなってしまっていたのです。



orizuru.jpg

たくさんの学校が折り鶴を捧げてました。

びっくりしたことに近所のT中学校も同じ日に修学旅行で来てました。


tusru.jpg

何しろトラブル続きで平和記念公園に着いたのも16時半でした。

公園をぷらぷら散歩して17時半。

ほぼ満月に近い月が東の空から登り始めたところです。




genbaku1.jpg

慰霊碑、平和の火、原爆ドームが一直線に並んでいます。

「安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませんから」

本当にそんな社会が作れるのでしょうか。今の世界情勢を見てると不安でもあります。


平和記念公園には本当に外国人の方が多かったです。

「HIROSHIMA」というのは日本の都市でも東京の次ぐらいに有名であり、彼らにとって外国であろうとしっかり戦争の被害を知るという気持ちがあるからです。多分アメリカ人の方もいたのでしょう。

後は修学旅行生たち。

でもその人たちを除いて、観光している日本人はほとんどいませんでした。

まあ、時間が夕方というのもあるのでしょうが。


私の小学校5,6年生のときの担任はとても反戦意識の高い先生で、色々な形で平和授業をしてくれました。

また、フォークソング愛好家でもありましたから、ジローズのこんな歌を私たちに教えてくれました。

♪戦争が終って 僕らは生まれた
 戦争を知らずに 僕らは育った
 大人になって 歩き始める
 平和の歌を 口ずさみながら
 僕らの名前を 覚えて欲しい
 戦争を知らない 子どもたちさ♪


(それにしても小学生時代の記憶力ってすごいわ。20年ぐらい経った今でもさらさらと歌詞が出てくるんだから)

戦争を知ってる世代の人たちは亡くなっていき、戦争を知らない子どもたちがおじいちゃん、おばあちゃんになるほど、年月が流れました。

戦争を知らない私たち、私たちの親の世代が今の子どもたちにしっかり戦争のことを教えていかなくてはいけないのです。

慰霊碑に誓ってるように「過ちを繰り返さない」社会にできるかは、私たちにかかっています。

この広島はミニラとジュニアがもっと色々なことが分かるようになったら、もう1回行かなくてはいけません。

スポンサーサイト

COMMENT



怖いよね

2008-11-19-Wed-22:28
久しぶりにコメントできますわ☆★

最近めっきりPC開かなくなっちゃって(汗)ご無沙汰ですv-34

秋の広島旅行かぁ、いいなぁ・・・v-10って思ったけど、やっぱ幼児&乳飲み子連れては、流石のりんりんちゃんもお手上げだったのね(笑)

お疲れさま☆

この前、筑紫哲也さんの追悼番組を見て、戦争という現実を知っている上で、今を、この世の中を論じることのできる人がいなくなっていくことの怖さを改めて感じました。
そのうち、私たちはもちろんのこと、政治家も戦争を知らない人ばっかりになってさ、どうなっていくのかなって思うよね。

去年、長崎に行った時私も思った。物が分かる年になったら、改めて絶対に連れてこなくちゃいけないって。

祖父母が健在のうちに、私も、ちゃんと耳で聞いて、戦争というものを知らない世代なりにも、形として残していかなければ!!って。

原爆投下の日を

2008-11-19-Wed-22:53
知らない人、多いらしいですね。

私は長崎出身なので、
毎年8月9日11時2分に黙祷をするのは当たり前のことだし、
祖父が傷痍軍人なので戦争の話をたまに聞いてきましたが、
きっと自分の子どもの世代には、
戦争というものがもっと現実離れした物になってるんだろな、と思います。

旅行お疲れ様でした。

ところで、
先日押入れを片付けていたら、ご主人を発見しましたよ!!
卒業記念?に貰った4年分の大学新聞が綴られている冊子の中に、
「就活成功者の一言」みたいな欄に!!
名前(苗字)見て、あれ?写真見て、あっ!!!
そして文の内容から確信しました(^^)
当時のお写真ではさすがにお若いですね(^^ゞ

レスレス 戦争を知らないこどもたち

2008-11-20-Thu-00:27
>りえりえ♪ちゃん
子ども2人連れての旅行は楽しむどころではなかったです。
多少身体に無理してでも、子どもが1人のうちに行っておくべきです。

戦争というのが恐ろしく愚かなことというのは、私たちは年配の人に聞いたり、本で読んだり、写真や映像を見たりしてなんとなくは知ってはいる。
でもその恐ろしさを身を持って体験した人にはかなわないのよね。
私たちは自分たちの祖父母から戦争の実体験を聞くことはできたけど、ミニラやジュニアは祖父母から戦争の体験話を聞くことはできないんだと思うと少し恐ろしくなりました。
戦争というのが風化しないように、私たちがしっかり伝えていかないとね。

>楓さん
原爆投下の日を知らない人がいることが、私としては驚きです。
私の小学校の夏休みの登校日は8月6日で、平和授業があってました。
黙祷まではしませんが、8月6日の8時15分、9日の11時2分には「63年前の今なんだ」と思ってしまいます。
私たちの子どもの世代は言われる通り、戦争というのが浮世離れのものになり、ゲームや映画だけのものになってしまうのが恐ろしいのです。
夫発見しましたか。ぷっぷっぷ。
本人としては学生時代と変わってないつもりみたいですけど、やっぱり9年も経つとどこかしら変わったり、老けていくものですよね。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。