島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シール600枚

2013-04-17-Wed-16:16
小学校の教材に算数セットというのがあります。

そのセットの中のおはじきひとつひとつ、数え棒、カードにひとつひとつに豆つぶのようなネームシールを貼る作業を親はしなければいかんのです。

義務教育⇒親の義務ですから・・・・・

うちの場合期限は1週間で、600枚以上の名前シールを貼りました。

更に我が家は次男も幼稚園入園だったので、こっちの名前シールや縫い付けなども多数


「あーーこんな教材使って勉強するんだよな。」と感慨深げに道具を物色してたのは最初だけで、開始10分後よりぶーぶー言いながら、惰性で作業しておりました。

でも、これもよく考えたら自分もしてもらったことなのです。

昔なんてパソコンで作るネームシールなんて便利なもんはなく、私の母は油性ペンでひとつひとつ名前を書いていました。

私の記憶が確かなら、数え棒って当時は本当に棒で細くて、50本以上あったような。

昔の母親はエラカッタ・・・・

ohajiki.jpg



終わった後に27年ぶりですが、母に「私のときはもっと大変だったよね。ありがとう」とメールしてみましたとさ

親になって初めて分かる、親が自分にしてくれたことのありがたさ。

でもこのありがたさ、父親は分からないよな



スポンサーサイト

ただいま!

2013-04-14-Sun-16:11
桜もすっかり散ってしまった4月8日、ミニラが小学校に入学しました

(小学生になったのにミニラっておかしいから、今後facebookと統一して長男に改めます)

ぶかぶかの制服に身を包み(鹿児島って公立でも多くの小学校が制服なのです)、不安そうな顔で小学校の門をくぐりました

そして入学式。

新入園生は54人なのに、広い体育館に大きく「にゅうがくおめでとう」という横断幕が高く掲げられ、その下に厳かに日の丸と市旗がかかげられ、校旗が立てられておりました。

校長先生、市長の代理のかた、PTA会長など長い長いお話をほとんどの新入生が割と大人しく聞いてました。

楽しいばかりではなく、おごそかな雰囲気や新入生にとってはたいくつな話に「あーこれが義務教育なんだよなぁ」としみじみ感じさせられました。

nyugakusiki1.jpg


さて、翌日。

長男、近所の子どもたちと一緒に、初登校です。

自分の子を自分の足でどこかに行かせるなんて、私が車の中で待っているおつかい以外は初めてです。

そして、我が家は3月末に引っ越して来たので、連れて行ってくれる子たちも初めての子たちばかり。

こりゃー親のほうがドキドキです

初日だから早めに準備を済まして家の前で待ってると、2年生の女の子たちと隣のクラスの1年生の男の子に迎えに来てくれました。

長男、元気に「おはよう」と他の子に挨拶するわけでもなく、私に元気な声で「いってきます」と言うこともなく、のそっと行ってしまいました。

どうやら連れて行ってくれる子たちも、いきなりお願いされた初めての子に戸惑っているみたいで、みんな無言で角を曲がって見えなくなりました。


おいおい大丈夫か?という感じです。

あの不安そうな登校姿を見ると、学校でもあんな感じになるのか?とこっちまで不安になります。


それから4時間後。

近所の子と隣のクラスの先生と一緒に元気に歩いてきました。

家の前で私を見つけるとこの顔でダッシュ!


tadaima3.jpg



そして私にとびつくなり大きな声で「ただいま!」と言ってくれました。

このただいま」と笑顔を見ると、楽しかったんだろうなと朝からの不安と心配が吹き飛んでいきました。


子どもが帰ってくるときの「ただいま」というのが、親としてこんなにほっとするものなのかと初めて気付きました。

今から何回この「ただいま」を聞くんだろうな。

家に居られるときは精いっぱい「おかえりなさい」と返してあげないとな。




HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。