島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私とミスチルの歴史

2012-05-24-Thu-01:17
夫が中学時代の友達のカラオケに行って、みんながミスチルばかりを歌ったみたいで、その良さに今ごろ気付き、ミスチルにはまっております

高校時代からファンの私からすれば「今ごろ?」なのですが、夫が言うには年齢を重ねた今、良さが分かってきたとのことです。


さて、高校時代からファンをしていれば、そのときそのときに響く歌詞が変わってくるのが自分で振り返っても興味深いものです。

受験生時代にはまっていたのは「雨のち晴れ」

もうちょっと もうちょっと 頑張ってみるから
ねぇもっと ねぇもっと いいことがあるから
イメージはいつでも 雨のち晴れ


大学受験の勉強で疲れてて、これ聴いて「いいことがあるからもうちょっと頑張ろう」と自分を励ましていました。


大学時代にはまっていたのは「I'll be」

生きてる証を 時代に打ちつけろ 貧弱な魂で悪あがきしながら
何度へましたっていいさ 起死回生で毎日がレボリューション


なんだかなー自分で何かを成し得たいと思っていたんだろうなぁ。
若いよなぁ。


社会人2年目にはまっていたのは「蘇生」

でも何度でも何度でも僕は生まれ変わって行ける
そしていつか君と見た夢の続きを
暗闇から僕を呼ぶ 明日の声に耳を澄ませる
そうだ心にかけた虹がある


これ聴いてたら仕事で失敗してもまた頑張れる気になってました。


30代になってはまったのは「東京」

描いた夢
それを追い続けたって所詮たどり着けるのはひとにぎりの人だけだと知ってる
「それならば何のために頑張っている?」
と言いながら分かっている
この街に大切な人がいる


20代後半より夢を追い続けても叶わないことがあることが薄々気づき始めます。
そして世の中って自分ではどうしようもできないことだらけで、頑張ってもダメなもんはダメなときはあるんだよなぁと気付くのです。
でもその現状を受け入れつつも大切な人がいるから少しでも頑張ろうかなと思える、心に染みる歌詞です。


最近はまっているのは「HOWL」

[OH FREEDOM]
そんな響きが似合うNEW LIFEが欲しいと願い
今日も憂うマイウェイ 燦燦と陽が差すわけじゃない
振り出しにいつ引き返してもイイやって覚悟でいたい
夢がなくちゃつまんねぇ 悶々と今日を燻ってたい


はい・・・・なんとなく気持ちが落ちてますね。
燦燦(さんさん)と陽が差す日ばかりではない!
ここ最近悶々と燻ってるから、これ聴いて元気になってます。


ミスチルもデビュー20周年
お時間のあるかたは歌詞もよく聴いてみたら、はっとさせられることをいっぱい歌ってくれてます。

かれこれ桜井さんの歌詞に15~16年はお世話になってる私の戯言でした。






スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。