島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真っ暗こわい

2011-03-21-Mon-03:06
1ヶ月ぐらい前のことになりますが、夫に子どもたち2人をお風呂に入れてもらっている間に家事をしてたら、あれこれ家電を使いすぎたせいか、ブレーカーが上がってしまいました。

もちろん真っ暗。

すぐに2人が

「おかあさん、おかあさーーん

と泣き叫ぶ声がしました。

すぐにブレーカーを上げ、お風呂場に行くと、泣き顔の2人。もう子どもたちはお風呂終了となりました。

夫は

「オレと風呂に入っとうのに、2人とも同時に『お母さん』って呼ぶけんね」

と大笑い。


それから3日後、突然電気が消えることが怖かったながらも、いたずら気が起きたミニラが、ジュニアが1人でトイレにいる間に、トイレの電気をわざと消しました。(ジュニア、トイレまでは私と一緒だが、入ったら「お母さんあっちに行って」と私を追い出していたのです)


ジュニア、鬼気迫るようなぎゃん泣きでまたもや


「おかあさーーーん


と呼びます。

以来、ジュニアは1人でトイレに行けなくなり、トイレに入るといつも「お兄ちゃんが電気消すからここにいてね」と言うようになりました。


さて、前置きが長くなりましたが、子どもにとって夜に灯りがなくて、真っ暗というのはこれだけ怖いものなのです。

うちの子たちは寝るときもやはり「真っ暗こわい」と言うので、豆電球で寝てます


おとといの18時ごろ埼玉県在住の友達がmixi上で「停電中だからお弁当食べてても真っ暗で何食べてるかわからん」とつぶやいてました。

それに対し「この時間からの停電が1番大変だよね。がんばって」といった内容のレスを返したのですが、夕食を作りながら、ふと前に書いた我が家の事件のことを思い出しました。

この友達はジュニアと同じぐらいの女の子がいる。

その子が暗いのが怖いって泣いてないだろうか、と心配になり、さっきの私のレスはあまりにも何不自由ない所からの軽々しい発言だったよなと反省して、またレスを書き足したのでした


東北地方、避難所によっても違うのかもしれませんが、おそらく夜は真っ暗なところがほとんどなのでしょう。

また計画停電の関東地方も、夜の時間帯に停電になるグループが存在します。

真っ暗な中で過ごす子どもたちが東日本にはいっぱいいるのです。

そんな子どもたちがうちの2人ように泣いてないかが急に心配になってきました。



私は大切な人も元気で、飢えたことなどなく、寒さのために病気になったことなく、お金さえあれば物を買うことができます。

こんな私は幸福すぎて、被災地の人々がどんな哀しさ苦しさであるかが正直想像がつかない部分もあります。


でも、真っ暗を怖がる子どもたちとその親のように、子どもを介してだと想像がつくのです。

もし、この子たちが「お腹空いた」と泣き、ぐったりしてしまったらどうだろう?

「寒い寒い」と言ってぶるぶる震え、顔面蒼白になったらどうだろう?

オムツも着替えもないのに、トイレでそそうをしてしまい、その服を着せ続けなきゃいけないとどうだろう?


こんな親子が被災地ではいっぱいいるんだということを忘れないようにしないとな。



早く日本中に灯りがともり、子どもたちの真っ暗な不安が少しでも和らぎますように。



スポンサーサイト

こころ温まるつぶやき

2011-03-16-Wed-01:43
東北地方太平洋沖地震が起きてから、テレビから流れてくるのはおぞましい津波とその惨状、被害者の数、家族を失った被災者たちの悲しい姿、被災者たちの苦しい避難所生活、福島原発の被害状況です。

でもこれが現実なのですから、どれだけの地震と津波だったのか想像もつきません。

先日、志布志という港町まで病院のために出かけたのですが、人口3万人のこの街もこの前の津波がきたら街ごと全部なくなってしまうことに気付き、津波の恐ろしさが少しだけ想像できたような気がします。


私は鹿児島在住なので地震の揺れもなく、停電もなく、気楽なもんだと思われるでしょうが、これだけの惨状を見ていると、自分たちが今は安全で不自由ない生活を送っていられることのありがたみを今更ながら感じます。

私の親戚、友人は関東在住者も多いので、彼、彼女らの様子を聞いていると余計にそう思います。



テレビではどこも同じようなことしか報道していないので、ツイッターをよく眺めているのですが、とても温かい、元気になれるツイートが多いこと多いこと。

テレビなど報道陣が詰問するような口調で質問していたり、コメンテーターが批判をしてるのを見ると、報道のプロの人たちよりも、顔も知らない人たちの言葉にほっこりさせられたり、涙がこぼれたりします。


ツイッターというのは顔も知らないかたや有名人の今のつぶやきがどんどん流れていき、過去のつぶやきを見ることはとても難しいので、私の覚えている範囲で抜粋です。(記憶の範囲なので正確ではないこともあります)



自衛隊のかたが助けた被災者の数が9700人を超えました。本当にありがとう。もっとこういうことを報道してくださいよ。(3月14日現在です)


私の父は原発職員で退職間近でしたが、志願して福島原発に派遣されました。こんな父を誇りに思います。


福島の友達が、「被ばくで怖いのは、健康被害じゃなくて、差別」と言っています。どうか「自分は差別しない!」と胸を張って言って下さる方、RTを下さい。偽善でも、その数を友達にみせてあげたいのです。


東電も原発も自衛隊も警察もレスキュー隊のかたもみんな不眠不休で頑張っています。それを非難できる人なんていないはずです。


九電の入社試験の面接のときにこう言われた。「電気なんてあって当たり前と思わている。あるのが当たり前だから感謝もされません。でも、なかったら非難されます。それでもうちを志望しますか?」


紙おむつ、粉ミルク、簡易食料をこっそり自分の荷物の中に隠して持って現地に赴く自衛隊員がいる。それを表向きは注意しながらも目をつぶる上官たちもいる。





追記

2番目のツィート、Yahoo!でもでましたね。

私の記憶違いでしたが、このお父様は電力会社で原発を専門にやっておられるとのことでした。

これって記者がツイッターから拾って取材したんだよな、多分。




自分に自信を持つ!!

2011-03-10-Thu-00:47
3月8日のめざましテレビで日本とアメリカの女の子に

「自分の容姿に自信はあるか?点数をつけるなら何点?」

という調査をしていました。

日本の女の子の平均は50点以下。

アメリカの女の子の平均は80点以上。


日本の女の子は「モデルさん、芸能人と比べたら自分はまだまだだなぁ」というようなコメントが多し。

アメリカの女の子は「私は自分が好きだからこれで満足してるわ」というようなコメントが多し。

日本人は謙遜するのが美徳とされるが、この差に朝からびっくりしたとこでした


この差はどこから生まれるかといえば、親の教育からきているのではないかということです。

アメリカ人の親は子どもを褒めて褒めて育てる。更に人前でもおおいに褒める。

おおいに褒めて育てられてるから、自分は自分でいいんだという自身が当たり前のように植え付けられている。

日本人の親ももちろん子どもを褒めて育ててはいるのでしょうが、さて人前でおおいに褒めてるかといえば???です。

残念ながら私もそうかもです。

今朝、ミニラが幼稚園ですれ違ったお母さんに挨拶ができたから「よくできたねー」と褒めはしましたが、家で野菜を一口食べられたときぐらいに大げさに褒めたりはしません・・・・・


そう考えたときにふと、それを実践している友達が身近にいるやん!ということに気付きました。

このブログでもたまに登場するCちゃん。

Cちゃんの最近の日記よりちょいと抜粋。

娘は良い子です(親バカ"笑)
娘の良さを知らない人が
たまたま娘のイヤイヤっぷりを見て
『あの子ワガママー』
と勘違いするのは嫌


怪獣の日々は幻だったんじゃないか
ってくらい良い子な娘ちゃん。



Cちゃん、日記だけでなく、人前だろうとおおいに娘ちゃんを褒めて育ててます。

でもそれが嫌みに見えないのは、彼女の人柄もそうだけど、娘ちゃんだけでなく一緒にいる友達もおおいに褒めるからなのです。

前回会ったとき、私はCちゃんに子どもたちの歯磨きをせっせとしてるのと、Aちゃん宅に行くのにみんなで食べる餃子を手土産で準備してたのと、ヒラヒラのペチコートを褒められました。

ジュニアとミニラも娘ちゃんに玩具を譲ることができたのを褒められました。



子どもが自分に自信がある子に育てるには、謙遜はちょいと抜きにして人前でもおおいに褒めることも必要。

でも謙遜が美徳の日本人の中でも嫌みに見えず、おおいに子どもを褒められる術をCちゃんからもっと盗んでいかないとなぁ






番外ですが、「自分の容姿に自信はあるか」の話に戻します。

夫とこの話をしておりました。

私「78点かなぁ。子ども産む前のスタイルやったら85点は付けれるね」

夫「オレは90点」←私は90点はつけんぞ!

はい、自意識過剰夫婦と言われても文句言えません。


更に、美女仲間のAちゃんにも同じ質問をメールでしてみたとこ

「顔だけだったら85点やねー総合的やと点数下がるけど」

とのことでした。

はいはい、私の周りは自分に自信がある人の集まりみたいです。

でもですねーこのAちゃんと一緒に大学の韓国留学生との2週間の交流プログラムに参加したとこ、韓国人男子学生にウケが良かったのは間違いなく私たち2人でした。

自分に自信があるというのは国際社会でも必要必要





85点の私の姿はこのブログのプロフィールにある後姿なり。



おねぼうさん

2011-03-03-Thu-10:44
11月末にミニラとチューリップの球根を10個植えてました。

うち9個は12月に発芽して、寒さに耐えながら少しずつ成長しておりました。いつまで経っても1個だけ発芽しそうになかったので、外れたかと諦めていたのです。

2月末、寒さが少し緩み春らしい陽気になり、チューリップたちは急にぎゅんぎゅん伸び始めました。その横で、あれ?最後の1個が今ごろ発芽し始めたじゃないですか!!


tulip.jpg



子どもたちが大好きなこの絵本のお寝坊なお兄ちゃんのようです。

999ひきのきょうだいのはるですよ999ひきのきょうだいのはるですよ
(2009/04)
木村 研

商品詳細を見る




絵本のお兄ちゃんのようにでっかい花を咲かしてくれるのか??



春を感じるのに植物は正直です。

残念ながら畑の小松菜も花を咲かせており、休んでいた雑草たちも急に伸び始めました。





HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。