島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度上京する友達へ

2011-02-25-Fri-01:53
重松清さんの小説が大好きです。

重松さんの小説は登場人物が故郷を出て、東京に出ていくくだりが多く登場します。(それは重松さんの出身である山口や岡山が舞台であることが多く、更にその進学先は早稲田である)

同じく、地方出身者で就職で東京に出た私としては、このくだりにいつも泣かされるのです。

うちの父と母は「寂しいから見送れない」ということで、ひとりで福岡空港から飛行機に乗った日のことを鮮明に思い出します。

そして品川駅で乗り換えのホームを探すのに苦労したことを思い出します。

そしてそして、渋谷からの満員電車に恐怖を感じて「この町で本当に暮らしていけるんだろうか」と心配になりましたが、1~2ヶ月すると満員電車も当たり前に乗れちゃう自分になっていました。


多分この経験は私だけでなく、地方から東京に出てきた人はみんなだと思います。



作家にしても、ミュージシャンにしてもこの経験をしている人とそうでない人(東京生まれの東京育ちの人)というのは、表現しているものに違いがあるのです。

彼らは自分の内面を文章や歌に乗せて表現するプロなので、当たり前っちゃあ当たり前ですが。


地方出身者はたいてい何らかの夢を持って東京に出てきます。

そして、東京の色々なことにカルチャーショックを受けます。

そしてそして、慣れてくると東京から遠い自分の故郷を偲びます。

地方出身者の小説や歌には必ずといっていいほどこれらのことが表現されています。

この故郷への愛のある表現に泣かされちゃうんだよなぁ。


余談ですが、mixiでミスチルの歴代のアルバムを聴いているとつぶやいてましたが、「東京」という曲を聴いていて「桜井さんは東京生まれの東京育ちだよな」と感じました。

また、桜井さんの詞には上記のような遠い故郷を表現したものもないのでは?と私は思っていますし。(海外から日本を想う歌はありますが)



私の息子たちは鹿児島という九州の最南端の独特の文化をもつ地で育ちます。

進学か就職などで、まずは1度は夢を持ってこの地を出て、遠い地で自分たちが18年近く培ってきた経験を覆すようなカルチャーショックを味わってもらわないといけません。

遠い地で揉まれて慣れてきたころ、自分の故郷を偲んでくれたらいいなぁというのが母ちゃんのささやかな願いです。



今日のこの文章を32年間福岡に住んでて、今度結婚のために初めて上京する友達に贈ります。(とはいっても彼女はネットしないんだよなぁ)


rainbow.jpg

Somewhere over the rainbow, skies are blue
And the dreams that you dare to dream really do come true

スポンサーサイト

アンパンマンができるまで

2011-02-18-Fri-01:34
今週、ミニラの2歳9ヶ月ぐらいからの絵をファイリングして整理していました。

今まで描いてた絵を時を追って眺めてみると、線が絵になっていく様子が分かります。

初めはぐちゃぐちゃの殴り描き。

それに丸を描くようになる。

それに線がプラスされて、線同士が重なりあったりする。

丸と線同士の重なり合いから何かを表現するようになる。

他にも色々な形を表現するようになり、その形と線の組み合わせで絵を構成するようになる。

今んとここんな感じです。


ちなみにこちらはアンパンマンがアンパンマンの絵になるまでの過程です。


2歳11ヶ月

anpanmane1.jpg

アンパンマンの顔は丸というのを表現しています。



4歳2ヶ月

anpanmane2.jpg

切り絵だけど、丸い顔に鼻と目が付きました。



4歳4ヶ月

anpanmane3.jpg

アンパンマンと食パンだそうです。



4歳5ヶ月

anpanmane4.jpg


anpanmane5.jpg

このころになるとちゃんと目と鼻とほっぺたと服の色でアンパンマンだとわかります。



4歳6ヶ月
anpanmane6.jpg

鼻とほっぺたが一列に並ぶことでアンパンマンらしくなりました。

ここまでなれば、夫より上手です。



とってもシンプルで愛らしいアンパンマンの顔。

それを自分の目に映るように絵で表現できるようになったんだなぁ。

立派な成長!!



お手紙

2011-02-09-Wed-01:17
文字が書けるようになったミニラは幼稚園のお友達によくお手紙を書いてます。


お手紙といってもあやしい字で「おげんきですか」とか「おべんきょうはすきですか」とかいうこれまた内容もあやしいことを書いているだけです。

この前もお手紙を書いていて、その横にあやしげな人らしき絵を描いていたので、「これ何?」と尋ねると、母ちゃんはどうして分からないの?といわんばかりの表情で

「プリキュアだよ。○○ちゃんはプリキュアが好きだから描いたんだよ」

と言っています。

なーるほど・・・・○○ちゃんはプリキュアが好きだからプリキュアを描くという思いやりがあるのね。

でも、残念なことに伝わらないかもなぁ。(そう思って、手紙を渡した日に○○ちゃんのママさんには『あの人らしき絵はプリキュアだから』とメールはしてた)

その○○ちゃんのお手紙にはご丁寧に封筒まで手作りしており、封筒にはお花の絵がいっぱい。

そうかー男の子の友達へのお手紙にはお花は描いてなかったよな。ちゃんと女の子だからお花って思ったんだろうね。なるほど、なるほど。


そして手紙を書くのにも飽きてきた30分後、台所で夕食の準備をしている私のところに来て

「ねえ、母ちゃんお手伝いすることある?ミニラお手伝いがしたい」

と言うではありませんか。

でもその日に限ってミニラにさせられそうなお手伝いがない!

なんて残念なことなんでしょう。

まあすねることなく諦めてくれたから、ヨカッタヨカッタで。


4歳の子どもだって、人に喜んでもらいたい、人の役に立ちたいという気持ちがあるんだなぁと気付いた夕方でしたとさ。

このことはおじいちゃん、おばあちゃんになっても変わらないってことを忘れないようにしないとな。


tuerip.jpg


こちら手紙ではないが、チューリップの芽が出たと喜ぶミニラと母ちゃんだそうな。

ヘタッぴだけとわかるわかる。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。