島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母親は怒ったことあります(多分)

2011-01-21-Fri-17:05
今更ながら今年初のブログとなります

読んでくださるみなさま、今年もどうぞよろしくお願いします

私と少しでもコンタクトがあった後、突然ここに出演依頼のメールがくることもありますので、そのときはよろしくです。




さて、先日のこと。

お友達のRちゃんがmixiのつぶやき上で

「朝から息子も機嫌悪いし、娘もいつにもましてのんびりしてるから怒鳴ってしまった~」

と愚痴っておりました。


え?いつもきちんと筋道をたてて娘ちゃんに接しているRちゃんが怒鳴る?想像できん!とびっくりしておりました。

それに対して「うちもいつもよー。まあそんなときもあるさ~」というような内容のコメントをして、24時間後また覗いてみると・・・・「うちも」というコメントがあるわあるわ。

Rちゃんを初めとし、なーんだ母親っていうのは私だけじゃなくみんなやってしまうよなと妙に安心したのでありました。



その翌日。

ミニラの幼稚園の迎えに行ったときに、私の携帯に着信が残ってました。

お相手は、帰省したときに会ったCちゃん。こちらは1歳10カ月になる娘がいます。

はて?何の用だ?と思って、コールバックすると、開口一番

「オバ~~!!聞いて。もう娘をこれ以上ないっていうぐらい怒ってしまった。どうしよう~」

と言うではないですか。

何しろ前日にRちゃんとそのお友達の「子どもを怒ってしまった」「うちも」「うちも」というコメントを見て一安心した、その翌日です。

悪いが大笑いしてしまいました。←あ~悪いヤツ

話を聞いて、みんなそんなもんだから大丈夫よ~とオバさんらしいことを言って、チャイルドシートのうちの2人がギャーギャー叫びまわって電話の邪魔をするから電話を終わりにしたのでした。


そうかぁ。

帰省中に会ったCちゃんは娘ちゃんに分かるように言い聞かせ、上手にコミュニケーションを取ってました。

そんなCちゃんでさえ娘に手に負えなくなるのが、イヤイヤ期なんだよなぁ。

そしてこのときに初めて母親も頭に血が上って、怒ってしまい、自己嫌悪に陥るんだよな。


子どもに対して叱るのはいいけど、頭に血が上って怒るのはダメだとわかってます。

でも私もそういかいことばかりだし、同じように子どもを持つ母親もみんなそうなのかもなぁと思うと、それだけで勝手な連帯感を抱いてしまいました。


実は母親はみんな怒ったことあります(多分)

でもその後に、そのことを謝り、いっぱい抱きしめるなりしっかりフォローすれば大丈夫です(多分)



entei1.jpg


いつも怒られている(叱るより怒るが多いな)うちのワルソウ2人。幼稚園の園庭にて。

これを撮ってたら、年長さんに「あ!戦場カメラマン渡辺陽一だ!」と言われる。

この20分後、Cちゃんから泣きの電話がありましたとさ。



スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。