島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母親だって完璧じゃない

2010-11-10-Wed-12:51
友達が日記にとっても心に響くことを書いていたので、転載させてもらいました。

「ママと一緒だから大丈夫」
この言葉が、娘に勇気を与えることができるなんて。すごいことだなぁ。
子供にとって、母親は万能なんだよなぁ。

いつか子供は、自分の母親が完璧でも万能でもなく、ただの人なんだと気がつくし、むしろ気がつかないといけないときが必ずくる。
でも今は、娘にとって私が世界を決める神みたいな存在なんだということ、忘れないようにしないとな。



もろもろのことを私ひとりで抱えて、ミニラが1~2時間泣いて暴れてばかりで、何にも進まなくなるとこっちまでキレそうになる毎日(うちは泣くと長男のミニラのほうが手がつけられんのですわ。泣く頻度も未だにミニラのほうが多いし。)

自分がどれだけ大変でも、私がミニラとジュニアにとってすべての存在であることを忘れててはいけないということを再確認させられました。


自分もそうだけど、ふと逆に母親のことを思い出したりもしました。

私に映るうちの母は口やかましくはあったものの、家の中はいつも整頓されており、私がお願いしたことはすぐにしてくれ、料理もぱぱっと何でも作ってくれて、いつもきちんとしててきぱきしている母親だなぁと思っていました。

でもでも、記憶をたぐっていけば、私が幼稚園入園前のうちのお昼ごはんってククレカレーやインスタントラーメンのことがあったよなぁ・・・・

確か幼稚園入園前日のお昼ごはんはククレカレーで「この人参食べたら幼稚園の給食も食べれるかなー」っていうようなことを当時の私は言った記憶があるもん


食べ物の好き嫌いが多かった私。母もきっとそんな私に面倒になって手抜きお昼ごはんになったんだろうなぁと思うと、うちの母親もいつもきちんとしてたわけではなく、ときには手を抜いてたんだなぁと気付きました。


自分が母親にならなかったら、こういうことを思い出すこともなく、私の母はよくやってたなぁという記憶しかなかったかもしれません。

よくやってたような母も時には手を抜いてたということに気付くと、更にできない私はたまにはどころかもっと手を抜いてもいいんだよーと母が言ってくれているように勝手に思えます。


子どもにとって母親は神みたいな存在なんだということを忘れちゃいけないけど、母親だって完璧ではない!!



kosumosu1.jpg

今年は満足できるようなコスモスの写真が撮れずに終わっちまった・・・・

でもこの時期って突然の病院ばっかりで時間的余裕ないんだよなー


スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。