島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初の田植え(当日編)

2010-06-25-Fri-16:50
翌朝、私の願いはむなしく8時10分ぐらいからゲリラ豪雨です

運よく8時35分ぐらいにゲリラ豪雨が止み、普通の雨になってきたので、意気揚々と夫に送ってもらってお出かけ。夫は家で子もりです。


今回の田植えのメンバーはTさん家族、お友達、それとTさんの知り合いで数年前から農作業を体験させてもらいに、ちょこちょこ東京から来ている同世代の夫婦です。

全くの初めてなのはこのご夫婦と私の3人です。


私たちがやらせていただいたのは、田植え機で植えた後に苗が倒れていたり、植えられていなかったりするところや少ないところに苗を植え付けていく作業です。

さあさあ、靴下で田んぼに入ってみると、予想通りのうにょうにょぬるぬるとした泥の感触です。ゆっくり足を上げ、ゆっくりまた入れとしながらまずは歩くことに慣れました

ほどよく慣れたころ、苗の束をいただき、苗植えです。

ひとり5列ずつ、苗の列を確認しながら前進していきました。

田んぼに足を取られつつ歩き、苗が足りないとこ苗を泥の中に差していく。足を取られているので前を見ると延々と続くような苗の列で気が遠くなるような作業です。

これは前を見ちゃいかんと、下ばかり見て歩いていきました。

下ばかり見ていると、まあまあ田んぼには色んな生き物がいるものです。

とんぼの幼虫のヤゴやおたまじゃくし、よくわからないキモチワルイ昆虫などなど。ほっとしたのはヒルの姿は確認できないので、少し安心しました。

田んぼ1枚(よくみる田んぼ1区切り)が終わったところで、Tさんの奥さんとそのお友達が何やら持っていらっしゃいました

休憩らしいです。

もち米をおにぎり風にしてきな粉砂糖をまぶしたもの、すいか、お手製のお漬物、お茶などがプラスチック籠を並べた即席の食卓に並びました。

田んぼを前にすぐにエネルギーになりそうなおやつをいただき、しばしのおしゃべりです。


休憩後は、もう一人私たちと同世代の初心者男性も加わり、田んぼ2枚の田植えをチェックしました。

私たちが田んぼの中を歩くのも慣れたこと、またTさんの「苗も2本以上あればいいし、水に浮いている苗はほったらかしてていいから、さっと見て回って」という言葉に甘えたので、休憩後は割とすんなり済みました。

終わった頃にちょうどお昼の時間だったので、Tさんの自宅の車庫で同じように輪になってお昼ごはんでした。

田植えをさせていただいたのに、お弁当とTさんの奥さんの煮しめまでごちそうになり、いたれりつくせりです。

私の作るのともうちの母が作るのとも違う、Tさんの奥さんの煮しめの汁がじゅわ~っと口中に広がるのを感じ、煮しめという料理の奥深さを思い知りました。

田んぼの中では初心者たちは黙々と仕事に励んでいたのですが、ここでは色々な話ができました。

普段なら顔を合わせるようなこともない、Tさんの田植えを通じて出会えた人たちです。

また、Tさんの車庫にはつばめが巣を作っており、頭上をつばめたちがピーチクパーチクおしゃべりしながら飛ぶというおまけつきでした。


私はさすがに子どもたちが家で待っていたので、午前中だけの参加になりましたが、他の方たちは午後も2枚ぐらいやったと思います。


そんなこんなの初めての田植え体験でした。小雨だったので涼しくて疲れず、日焼けもせず好条件でした。

もちろん稲刈りもお呼びがかかれば、行く予定です。


田んぼの泥のうにょっとした感触。

美しく整列した稲の苗たち。

その田んぼの上を飛ぶとんぼ。

懐かしい煮しめの味。

田植えという一大行事のために集まってくる人々との出会い。


これらすべては日本人が代々受け継いできたものなんだなぁ、としみじみ実感しました。

あぁ、日本人っていいなぁ。


Image379.jpg

雨と分かっていたので、一眼は持っていかず、携帯での撮影です。

この長雨が止んだら、これらの稲がどれぐらい成長したかまた撮影に行きます。





スポンサーサイト

初の田植え(準備編)

2010-06-23-Wed-14:32
畑でお世話になってるTさんから「田植えをしてみませんか?」とのお誘いがあったので、ふたつ返事でさせていただくことになりました。

鹿児島の地元ニュースでは「○○小学校の田植え体験の様子です」なることがよく流れているのですが、何しろ福岡出身の私は田植えなんて初体験です。

誘いがあった日から、頭の中は田植えのこといっぱいでここの知り合いと話す機会があれば「田植えするんです!初めてなんです!アドバイスください!」とあっちこっちで猛アピールしていました。

するとこちらの方は何かしら田植えのお手伝いをする機会が多いみたいで、みんな色々教えてくれました。

「長靴は泥に足を取られて抜ける。やっぱり地下足袋だ」

「こっちの田んぼは蛭(ひる)がいない田んぼのほうが少ない」

「田植え用地下足袋を買わないのなら、蛭対策に厚手のタイツをはくべし」

「首元にも日焼け防止があり、あごを紐で留めるあのちょいとださい麦わら帽子を買うべし」

「苗を植えて、最初は倒れててもちゃんとむくっと起き上がってくるから大丈夫」


これらの話で何にびびりあがったかといえば、蛭(ひる)です。

蛭なんて私にとって「スタンドバイミー」の世界で出てきただけです。あんなのが田んぼにいるなんて、しかもスタンドバイミーの少年たちの身体みたいに私の足にもぺたぺた吸いつき、あれを自分の手で取らないといけないなんて恐怖です。

これは絶対に蛭(ひる)にやられまいと決めた田植えルックは、短パンにレギンスにハイソックスという格好です。Tさんは田植え用の濡れない地下足袋があるからそれを購入してくださいと言ってたのですが、1回しか使わないかもしれないからそれは断念しました。

更に天気予報では雨に間違いなかったので、上は夫の十数年前のウィンドブレーカーです。

それに何が必要になるのか全く分からないから、ゴム手袋、捨ててもいい靴、着替え、大量のタオルなどをバッグに詰め込み、まるで1泊旅行ぐらいの荷物になってしまいました。(結局はほとんど使わないものだったんだけどねー)


そんなこんなで、やっと床につくことができたのは1時でした。

とにかくゲリラ豪雨にならないことだけを祈って寝ましたとさ。

紫陽花の迷路

2010-06-16-Wed-01:37
「趣味は?」と聞かれたら、「パソコンと読書とカメラです」と答えているのに、最近外では全然写真が撮れません

カメラ構えていると大抵ジュニアが危ないことをやらかしてるのです。それを見たミニラも同じく危ないことをやらかすし。

「母、写真に夢中で、子ども死亡」とかなったらとんでもないので、集中できないのですわ。

ジュニアがミニラぐらい分別がついたら大丈夫だから、後2年の辛抱です。



そんな中、珍しく屋外でこの季節らしい面白いショットが撮れました

dokokana1.jpg

dokokana2.jpg

dokokana5.jpg

dokokana6.jpg

dokokana8.jpg

dokokana3.jpg

dokokana4.jpg

dokokana7.jpg

縦横きちんと碁盤目状に植えてある紫陽花の中を2人は迷路に見立てて

「どこかなどこかな~」

と追いかけっこしておりました。

2人でこうやって遊んでくれると、兄弟っていいよなーと思います。

ちなみにミニラが左手にしておりますのは、幼稚園で制作した時の記念日の紙コップで作った腕時計です。


母も久しぶりに写真らしいものが撮れて満足満足

子どもたちもいっぱい遊べて、満足満足

私の中での節目です

2010-06-09-Wed-00:31
先日は誕生日でした

色々と考えてプレゼントを選んでくれたお友達、お祝いのメッセージくれたみなさま、どうもありがとうございます

私の誕生日を覚えてくれている久しぶりのお友達からとかメールがきて、近況が聞けたりするととても嬉しいものです

なにしろ6月6日というこの覚えやすい日付。

32年前のこの日に私を産み落としてくれた母に感謝しなきゃです。それとも将来みんなに覚えてもらえるように、この日を選んで私が出てきたのかしらん


この度32歳になりました。

今年の誕生日は私の中で節目であります。それは私が高校時代から尊敬してやまない坂本龍馬より長生きしたということを証明する誕生日でありますから。

ちなみに坂本龍馬は現在の歳の数え方である満31歳と11ヶ月のときに暗殺され、この世を去りました。

時代が時代であれ、龍馬が成し得たことと比べたら、自分ってなんてちっぽけな存在なんだなぁと実感します。

龍馬は太く短い人生をまっとうしたけど、私は細く長ーく頑張ってやるかな。

龍馬とお龍の間には子どもはいなかったけど、うちにはミニラとジュニアもいることだし。


福山さんの「龍馬伝」もいいけど、この夏は司馬遼の「竜馬がゆく」を読む予定。

何年かに1回無償に読みたくなるバイブル?的存在です。



平和です~

2010-06-02-Wed-13:54
ミニラが幼稚園に行っている平日の15時まではなんとも平和で静かな日々です

ジュニアがいるので集中して何かをできるわけではないですが、イライラせずのんびりはできるようになりました。

ジュニアは兄ちゃんがいなくて寂しいから最初は「抱っこしてー」か「DVDみるー」だったのですが、DVD見せすぎはよくないと、今まで手で動かすだけだったプラレールに電池を入れて動かしてやると見事にはまったようです。

レールを組み立てようとしたり、私が組み立てたレールの下にブロックを敷いて「橋ー」と言ってみたり、電車同士をぶつけたりして遊んでおります

プラレールのガーガーいう音を除いては、本当に静かです。

ふと気付いたのですが、ミニラは生まれたときから2年間はこの静かな中で過ごしてきて、ジュニアは生まれてきたときから1年8ヶ月は頭の上でミニラと私の声がぎゃーぎゃー響いている中で過ごしてきたのです。

こりゃーミニラとジュニアでは言葉の発達に差が出るわけだよな



さて、mixiでもつぶやいてましたが、先週久しぶりにお友達と自宅開放のお店にランチに行きました

お互い4月より子どもを幼稚園に通わせ始めたので、子どもは下の子だけで時間的にも気分的にも余裕ができたからです。

純和風のお店のお庭が見える特等席に座り、2人で確認したことは、「昼間は子どもがひとりだけって楽だよねー」ということ。

適当にジュニアの相手しながら、美味しいランチをいただき、おしゃべりをして2時間弱。

普段は話せないおかしな話までして、いつもより時間は短かったのに話の内容はとっても濃厚だったような。

彼女とはお互いの子どもが7ヶ月、9ヶ月ぐらいのときに、子育てサークルで知り合い、ちょこちょこお出かけしたり、お互いの家でお茶したりする仲です。

出会った頃も子どもひとりずつ連れてランチには行っていたのですが、ランチやおしゃべりを楽しむどころか、子どもの世話に手いっぱいでした。

お互い第2子が生まれてからは、もうランチなどは行けず、自宅でお茶でした。

そして、今回再びランチに復活したのですが、最初のときと違って子どもの世話は適当?でランチやおしゃべりを楽しむことができるようになってました

子どもも成長しているけど、母親も成長しているのですな。(いや、単にふてぶてしくなっただけ?)


子育ての諸先輩方が

「子育てに夢中で手がかかるっていう時はあっという間で、終わってみれば寂しくなるし、その時期が懐かしくなるわよ」

ということをよく言われますが、3人目を考えていない我が家としては、子どもに1番手がかかって大変な時期はどうやら終わったようです。

まだミニラの幼稚園の15時までの保育が始まって1ヶ月ちょっとなので、「寂しい」とかよりは「余裕ができてひゃっほーい!」状態ですが、これが10年後あたりにミニラやジュニアに「クソババア」呼ばれるようになったら懐かしくなるのかもです。


heiwa.jpg

現在のジュニア。これこそ平和で静かな象徴です。



HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。