島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのお友達

2010-04-22-Thu-17:47
ミニラ、4月10日より幼稚園に通い始めました

泣き虫たれのミニラ、やっぱり朝別れるときは1週間ちょっとはびーびー泣きました。

最近やっと慣れてきて、楽しそうに「いってきます」と言ってくれます。

迎えに行くとこれがサイアクで、優しい先生とお友達にのぼせあがったミニラは下ネタ連発でまともに挨拶すらしません。

はああぁぁぁぁぁぁ

慣れたと思ったらこれかい。お上品な母ちゃんの子とは思えません。


慣れてきた証拠に、ミニラの口から同じクラスのお友達の名前が出てくるようになりました。

多分、一緒に遊んだりしているのでしょう。嬉しいことです。

名前が出てくる子を見てみると、どちらかといえばしっかり者タイプの子が多いみたいです。

鉄砲玉のようなミニラのすることを受け止めてもらっているのかな。

まあ、仲のいい子というのはちょこちょこ変わっていくもんだしねー


よく考えてみれば、ミニラが初めて自分で作ったお友達なのです。

今までも子ども同士で遊ぶ機会はありましたが、それは親同士が友達の子どもとか、従姉とか、近所の子とか、親が子ども同士を遊ばせる環境を与えたことによってできたお友達であり、ミニラが自ら選んだお友達ではありません。

今、ミニラから名前が挙がってる子はミニラが自分で選んだお友達と思うと不思議な感覚です。もちろんまだその子のお母さんを知らないこともあるぐらいです。



大人になると親はいなくても生きてはいけるけど、友達はいないと生きていけないと私は思います。

私がいなくても生きていけるようになるための第1歩を踏み出したってやつでしょうか。

何はともあれ、成長したもんだわーー


tanpopo11.jpg

うちの幼稚園の駐車場、現在タンポポの綿毛が満載なのです。






スポンサーサイト

遅れながら流行に乗りました

2010-04-15-Thu-22:53
去年から大流行だったこちら。


1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る


1Q84 BOOK 21Q84 BOOK 2
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る


先月末にやっと図書館にも並んだので、借りてみました。

村上春樹、苦手なんだよなー、まあ面白くなかったら止めよっと思ってたら・・・・見事にはまりました




去年のヒット番付にも選ばれるほどブームだった「1Q84」

どうしてこんなにヒットしたのでしょうか

村上春樹初心者であっても単純にストーリーに引き込まれます。登場人物がミステリアスで魅力的なのです。

そして村上春樹ファンには独特の描写や世界観にも引き込まれるのだと思います。

テロリスト、カルト宗教集団など現代社会に通じる問題も取り上げられていて、考えさせられます。

1984年という時代に関する記述も多いので、その当時大人だった人には懐かしむことができます。

性的描写がかなり多いので、多少は官能小説的な楽しみもあります。

また歴史的文学、音楽、宗教に関する記述も多いのでその方面に詳しい人も楽しめると思います。


まあ、色んな人が色んな楽しみかたができる小説だからでしょう。



私はBOOK1、2までは読んだのですが、最後1番いいとこで終わってしまい、「キーーーーッ」とやきもきしております

明日にBOOK3が発売。

小説は価格と整理するのに便利だから文庫しか買わない主義だけど、これは予約しに行かなきゃ。


はい、思い切り流行にのっかってる女ですが、なにか??

ただいま

2010-04-10-Sat-00:36
言葉が達者なジュニア、気がつくと色んな言葉を習得しています。

帰宅すると必ず「ただいまー」と言います。そして、靴を脱ぐと手を洗うため洗面台に手を出します。

多分、夫が帰宅するときに「ただいま」と言うのをしっかり聞いているのですな

更にジュニアは何かしてもらったとき、おやつや飲み物をもらったときも必ず「ありがと」と言ってぺこっと頭を下げます。

でも目の前に食事があるとなかなか「いただきます」は言えず、もう手づかみで食べてます(笑)


私が待っている人がいない家に帰宅するようになって10年ぐらい経ちます。

だから、仮に夫が留守番しているときに帰るときでもちゃんと「ただいま」と言っているかが自信がありません。

同じ理由でひとりで食事だと「いただきます」も言わなかったことが多かったので、うっかり子どもたちと食事のときも忘れたりしないように、これは意識的に言うようにしています。

「ただいま」「いただきます」「ごちそうさま」「ありがとう」「おはよう」「おやすみなさい」


何気ない言葉を子どもがちゃんと言ってるのを見ると、自分の言動を反省させられます


enogu.jpg

ジュニアも絵具デビュー。

テーブルを散々汚し回ってくれましたわ。





HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。