島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身が軽いぞ

2009-11-28-Sat-18:35
美容室に髪を切りに行きました

その間、夫が子どもたちを連れて出かけてくれたので、ひとりで歩いて出かけました。

ミニラ、ジュニアとも抱っこしないで、ひとりで歩くことなんて月に1,2回ぐらいです。

いつも使ってる斜めかけのバッグのショルダーストラップをなんとなく気分的に短くして、片側の肩にかけて歩くと、なんだかぴんと背筋が伸びます。

いつもは斜めかけのバッグの重みや子どもの抱っこでどうしても猫背になりがちだったのに、胸を張って歩けることがなんだか快適です。


こんなに颯爽と歩けるなら、いっそのことヒールの靴でも履けばよかったとも思ったのですが、我が家では使う頻度が極めて低いものはダンボールにしまったままなのです


歩いていると、目の前の横断歩道の信号がちかちか点滅し始めました。当然、ダッシュです。

子どもがいると、点滅しそうならば止まって待つのですが、信号が点滅だからダッシュなんて5月以来でした。

子どもがいないとなんて身が軽いんだ、これが普通になるのはいつになんだろうな。

でも、身が軽いのはいいけど、なんとなく手持ち無沙汰で静かで落ち着かなくもある。

将来は子どもたちを抱えて重くて大変だった時が、懐かしくいとおしく思えるんだろうな。

人間、ないものねだりです。



帰りはオムツと7kg程度の買い物袋を下げ、ずっしりと両手に重みを抱えての帰宅になりましたとさ。

子どもいようといなかろうと、主婦の腕はしっかり筋肉がつくようになっているのです



今夜は満月まで後3日ってとこですが、やっぱり私はバナナムーンが好きです。

moon.jpg




スポンサーサイト

えいごのうた

2009-11-10-Tue-18:06
雨です

雨です


洗濯物が乾きません・・・・・


反対に?よく車の中では晴れた日によく合うこのCDを聴いています。

FINE -TV HITS and happy music-FINE -TV HITS and happy music-
(2002/04/24)
オムニバスダリル・ホール&ジョン・オーツ

商品詳細を見る


ミニラもたいがい聴かされ続ける?覚えてしまい、12曲目の「Together forever」18番目の「 恋のバンシャガラン」が好きなようで、その曲が終ると

「かあちゃん、終ったよ。この曲(次に流れている曲)好きくない

とまた聴かせてくれと要求されます。

また、アヴィリルのこのCDも聴いていたら、8曲目の「Anything But Ordinary」がかなりツボにはまったようで、1回聴いただけなのにエンドレスで聴かせろと要求。

レット・ゴー(通常)レット・ゴー(通常)
(2002/09/25)
アヴリル・ラヴィーン

商品詳細を見る




私の勝手な好みで「この子たちの世代でサザンを知ってる男とかかっこいいぞ」とサザンを聴こうとすると、ぎゃん泣き・・・・

家ではiTuneでエリッククラプトンの「いとしのレイラ」「Bad Love」を要求。


要は明るいテンポで分かりやすいメロディラインの曲が好きみたいです。

またこれらの曲のときはジュニアも手を叩いて、身体を揺らして大喜びです。

洋楽が好きな男もかっこいいさ~


NHKの教育番組も、親としては「英語よりもまずは日本語が豊かな人間になってほしいなぁ」と思って「にほんごであそぼ」を私が好んで見せていても、ミニラの心を捉えたのは「えいごであそぼ」でした。

ジュニアと2人で「MORE AND MORE」を歌いながら踊っています。(Weve your hands~♪ が歌いだしのあの歌です)

歌にしてもテレビにしてもミニラの耳には英語がとても魅力的に聴こえるんだろうねー


うちは場所柄のせいかミニラにいつも決まって遊ぶお友達もいないので、ほとんど私がミニラとジュニアを見ており、今2人は親の影響だけをもろ受けて育ってる状態です。

これがいいか悪いかは別として。

それなのに、親にも予想もつかない?子どもの嗜好ってなかなか興味深いものです。

これが幼稚園や小学校に行くと友達ができて、友達から色んな影響を受けて、ミニラ、ジュニアなりの嗜好が形成されていくんだろうな。

それも楽しみであるところです。




夕陽に走れ!57番!!

yuhi.jpg

今日は天気悪いから夕陽見れないや~ちぇちぇ。

鳥取砂丘

2009-11-02-Mon-17:31
さて、2泊3日の山陰旅行の3日目です。

目的の半分は鳥取砂丘だったので、砂丘が目の前の国民宿舎に泊まりました。

朝起きて、カーテン開けたらこの風景でした

sakyu1.jpg

山陰地方には珍しいこの快晴!!朝からテンションアップです

砂丘は人の足跡が付く前の早朝に行くべしということでしたが、子ども2人いて、早朝に出かけられるはずがなく。

しかも、3連休の初日。

9時40分ぐらいに到着したら、もう駐車場は満車寸前でした。関西圏のナンバーの多いこと多いこと。


sakyu2.jpg

見て見て!この香色の砂、青い海、水色の空。



sakyu3.jpg

もうこんなに人がいるのです。



sakyu5.jpg

砂丘というのは字のごとく、砂の丘です。

砂浜ではなくて、丘になってます。これを登るのが砂に足を取られてけっこう大変。

分かりにくいですが、ジュニアの奥はけっこう勾配が激しいので、子どもたちは四つんばいになって登っています。



sakyu4.jpg

砂に足を取られながらも、頑張って馬の背と呼ばれる砂の丘を登ると・・・・



sakyu6.jpg

こんな日本海の風景が広がっていました。



sakyu7.jpg

こりゃー最高の贅沢だね。



sakyu9.jpg

ここでする砂遊びも最高の贅沢だね。(この時は少し雲で影って暗くなってます。)




sakyu8.jpg

砂丘にはオアシスもあるのです。


1時間半ぐらい、砂に埋もれつつ歩きました。砂と海以外何もないのですが、大満足です

車は通らないし、砂だらけで見通しはいいので、ミニラもジュニアも放牧?できてけっこう楽できました。

秋の晴れた日の午前中はこのような風景の砂丘ですが、これが季節、時間によって全然違う顔を見せるんだろうな。

もし、近くに住んでいるならば、カメラ持って足繁く通いたい場所です


帰りは鳥取から津山インターまで53号線を走りました。

途中、元農相の石破さんのポスターを見たので、テレビで爆笑問題の太田光が

「あんな気持ち悪い顔のポスターをいっぱい貼るために税金使わなくていいでしょ」

と言ったのを思い出してしまい、かなり大笑いしてしまいました。ホントに不気味な顔のポスターだった・・・・


そして、津山インター近くで津山名物B級グルメのホルモンうどんを食べて帰りました。

初めての味で、かなり美味です。感激して「ホルモンうどんのタレ」なるものを買って帰ったぐらいです。

こちらも近くに行く用事があるなら、是非食べてみてください。



HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。