島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニラ3歳です

2009-07-27-Mon-12:49
先日25日はミニラの3歳の誕生日でした

このブログを長く読んで下さっているかたならば、既に予想はできているでしょうが、やる気ない母親の私ですので、特に何もしてません。

ただ住んでいるところにケーキ屋さんがないのと、最近ハンドミキサーで混ぜるだけで美味しくできるチーズケーキのレシピを発見したので、誕生日ケーキとしてチーズケーキを焼いただけです。


土曜日で夫もいたので、昼食は家でそうめんを食べました。

somen.jpg


保育園に週1預けていることもあり、私がほとんど教えることもなく箸が使えるようになってるのです。

ここ最近びっくりするのは、何かを習得したり、物事を覚えたりする能力です。

イオンのトイレや保育園のトイレのおかげで「タッション」というやつも覚えてくれました。

キャッチボールも上手で、私のほうが受け損ねてアンパンマンボールが顔面に直撃します。ミニラ、「かあたん、アンパンチ」と言って笑ってます

家から都城までの農道の畑で色んな作物を育てており、ドライブ中それを教えていたら、とうもろこし、さつまいも、お茶、里芋、トマト、ピーナッツ、米などの作物は覚えてしまいました。

どこで何をしたかというのも、私が忘れてるようなことも言ったりします。

3歳児、おそるべし吸収力です

フィギアスケート、ゴルフ、水泳などの一流スポーツ選手、楽器の演奏家などが、それを始めた年齢というのが3歳が圧倒的に多いというのも納得です。

私たちはミニラを「何かのスペシャリストにさせてやる!」いう気は毛頭ないので、特に何かを始めるといったことはしませんが、その気があるならば、3歳というこの時期が1番のチャンスだということがわかりますわ。


一応誕生日らしく、ロウソクの火を消してる写真です

3cake.jpg


この腹巻付きのちょいださパジャマも子どもが着るとなかなかのもんでして。



ミニラの成長も目を見張るものがありますが、こちら10ヶ月のジュニアも只今大成長中です

tacchi1.jpg

ついに立っちゃったよ。赤ちゃんから遠ざかっていくよ。しかもかなり得意げな表情だし。

また、面白いのが立ち方です。ミニラのときはつかまり立ちからぱっと手を離す感じだったのに、ジュニアはしゃがんで、手をついてお尻上げて、よいしょっという感じに立ち上がります。

立ち方にも個性があるみたいです。




追記です。

この記事の最初の写真を見たミニラが

「これ生まれた日?ミニラは病院で生まれたよ」

「お箸でうどん食べたね(そうめんだが)」

「この後イオンに行ったね」


など言ってました。やっぱりよく覚えてます。


スポンサーサイト

つばめ観察日記2

2009-07-24-Fri-02:02
つばめストーカー参上です。

つばめにとってみれば、自分たちの家を張り込みされて毎日生活を撮影されてるもんだから、たまったもんじゃないのでしょうな。


7月14日

tsubame7.jpg

ひなと鳥のちょうどハーフハーフの姿がまた愛らしいこと。真ん中と左とでは成長の違いがあることもよくわかります。


tsubame8.jpg

つばめは産卵期に何回か卵を産むらしいので、右のつばめは別の巣から生まれた兄弟と思われます。大きな虻?みたいなのがえさなのです。




7月16日

tsubame9.jpg

観察日記中としてはベストショットかな。この日ぐらいから、自分のうぶ毛をついばみ始めました。




7月17日

tsubame10.jpg

前述のように近くにも巣があるので、そこから巣立ったつばめたちが飛行の練習をよくしています。そして、ようおしゃべりしています。


tsubame11.jpg

こうやってあっちこっちのうぶ毛を自分でついばんでいます。




7月19日

tsubame12.jpg

親鳥の帰りを待ちわびてるのか、そろそろ飛ぼうか思案してるのか。




7月21日

tsubame13.jpg

んん?1羽巣立っていったようです。羽根も飛べるぐらい立派です。




7月22日

tsubame14.jpg

ぎゃん!!気がついたら1羽しか残っていないやん・・・・・多分21日の夕方~夜に巣立っていったと思われます。

親鳥がえさを運びながら、「早く飛んでごらんよー」と励ましてるんでしょうな。


tsubame15.jpg

兄弟たちは飛ぶ練習をしています。まだへたっぴなため強風がふくとあおられてしまうので、私でも撮影ができるのですわ。


tsubame16.jpg

夕方の買い物の帰りはまだいて、洗濯物を取り込むために外に出たら・・・・最後の1羽がいない。

見逃した・・・・・

3週間ぐらい密着してたのにかなりのショックです。

最後の1羽は16時40分~17時30分の間に巣立っていきました。

半分壊れた巣と、糞の残骸が郷愁を誘います。

以前、立ち読みした育児書に

「赤ちゃんの成長に携われるあなたは幸せです。それは一生のうちの神秘的で劇的な成長を遂げる18ヶ月の時を共にすることができるのですから」

という内容のことが書いてあったことを覚えています。

確かにミニラ、ジュニアの成長も日々驚きの連続ですが、このつばめの3週間の成長は目に見えて変化がわかるものでもあり、人間にはできない「飛ぶ」という大仕事をやってのけるのですから、これもまた神秘的です。




まだ一時は付近で飛行の練習をするので、見守ろうと思います。


tsubame17.jpg

今人気?の春日に似てません?この上から目線が


つばめ観察日記1

2009-07-14-Tue-11:09
我が家のお隣さんには、期間限定でこんな家族が住んでいます。

tubame1.jpg


つばめというのは、卵が生まれてから2週間で孵化し、それから3週間で飛ぶようになります。

ほよほよの雛から、飛べるようになるまでがあっという間なので、日々どんどん成長しているのが目に見えて分かります。

生まれてから、歩くまで9ヶ月~16ヶ月ぐらいかかる人間と比べたら、凄まじい成長です。


ちょっと観察してたので、見てみてくださいな。


6月29日

tsubame2.jpg
卵を温めているんでしょうな。大事な卵を抱えてるだけ、目つきにかなりの威圧感を感じます。



7月4日

tsubame3.jpg

中にはひながいるみたいです。親鳥が小さな口にえさを入れてやってます。私の観察だと7月1日にはまだ生まれてなかったみたいなので、7月2日か3日に生まれたみたいです。


7月8日

tsubame4.jpg

ひなの頭だけ少し巣から見えるようになってきました。兄弟でも強いやつはこうやって我先にと伸びてえさをもらおうとしてます。



7月12日

tsubame5.jpg

頭に毛が生えて、だいぶんつばめらしくなってきました。みんな身体が大きくなってきているので、巣の中には納まりません。



生まれた日から推測すると、来週には巣立っていくと思われます。

こりゃー初めて飛ぶ日は見逃さないようにしないと。


tsubame6.jpg

「梅雨明けしたから、暑いぜぃ!」


野菜らしい野菜

2009-07-03-Fri-00:19
夫の知り合いの近くの畑で野菜を作っている方とお友達から野菜をいただたきました。

natsuyasai.jpg

新鮮なうちに食べようと調理していたら、きゅうり、ゴーヤ、ピーマンなどを切ったときの香りがまるで違います。

きゅうり、ゴーヤ独特の青臭い香りがあり、ピーマンもツンとする香りがします。

どれも「ボクは緑の野菜なんです」と主張している香りです。

ちょっと失礼な言い方をすれば、子どもはこの香りで野菜が嫌いになりそうです


最近はスーパーで野菜を買うことがほとんどで、畑からの採れたて野菜を味わう機会もめっきり減ってしまいました。

スーパーの野菜を非難するつもりはないですが、スーパーに並ぶ野菜は万人受けするように品種改良されていたり、大量に栽培されているものが多いです。

いただいた野菜は大きさも不揃いで、ひとつひとつ味も違う。

そしてなにより苦味も青臭さもしっかりしていて、野菜らしい味がします。

スーパーの野菜の味に慣れきってしまった口には、野菜らしい野菜を味わえることの贅沢を改めて感じました。



最近ですが、私の調理中にミニラを台所の足元で遊ばせています。

小食の偏食くんだから、少しでも調理する過程を見て、食べてくれれば嬉しいなーというささやかな願いを込めて足元で邪魔させているのですが、母親の願いは8割方届かず・・・・

これらの野菜を調理している間も下でこんなものを作って遊ばせてたら、大喜びしていました。

anpanyasai.jpg



しかーし、この日も

「アンパンマンだったいんげんだよー

と言ってもほとんど食べてくれませんでしたとさ。


HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。