島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手のかかるやつです

2008-03-27-Thu-09:13
鹿児島の桜、なかなか開花しませんね

場所によってはちらほら咲いてるとこもあるみたいですが。


散歩していたら、道の端っこにタンポポを見つけました。

tanpopo.jpg


アスファルトだろうとしかっと咲いているタンポポ、やっぱり生命力を感じます

綿毛をアップで撮影したかったけど、ここでミニラがベビーカーから落ちんばかりの大泣き。

最近いつもこうですわ。

かなりご機嫌斜めになってしまった、ミニラ。

「ほらほら~綿毛だよ。ふーってしたら、種が飛ぶよ」

と渡しても、それすら気に入らないようで、ポイされてしまった。

tanpopo1.jpg





更に家でもワルソウ坊主っぷりは健在で、最近は回転イスに乗って、パソコンの台に上って上のほうを荒らしまわってます。

ちょっと目を離せばキーボードを長押ししている妙な音が鳴ってるし。


あまりにもひどいので、ついに我が家のパソコン台から、回転イスが片付けられました・・・トホホ。

以後、私は立ったまま、PCチェックのみです


ふん!もうあなたはそこには登れないのよ。

tuppari.jpg


それにしても踏ん張ってるねー

tuppari1.jpg


こんなに踏ん張って何が欲しかったのか、ただスティック糊と計算機が取りたかったようです。


あの~先輩ママさん、子どものこういう時期ってどういう対策しましたか?

ノートPCの人たちが羨ましい。


追記なり。

更に更に、ワルソウ坊主

本日、気に入らない食事のときはちゃぶ台をひっくり返すということを覚えてしまった。(子ども用のテーブルじゃなくて、私が独身のときに使ってた小さなテーブルですわ。それでも3kgぐらいあるのよ)

まさに、昭和のカミナリオヤジだわ。恐るべしです・・・・

毎回、片付けも恐るべしなんだけど。








スポンサーサイト

たんかんの便り

2008-03-18-Tue-17:11
先日、イオンでたんかんの試食をさせてもらい、無償に奄美のたんかんが恋しくなったところでした

そんな私の気持ちを見越して?か連絡が取れなくなってしまっていた奄美のお友達から、ダンボールいっぱいのたんかんが「ミニラくんへ」と届いたのです。

tannkannto.jpg


嬉しくなって、友達に電話してみたところ、出ないし、留守電にも切り替わらない。彼女携帯も持ってないし、最近は実家にいることが多いとのこと。

しょうがないので手紙を書いて、たんかんに喜ぶミニラのカードを作って、さっき投函してきたとこでした


こうやってたんかんが届くと、古仁屋という小さな町で出会った島の人たちが懐かしくなります。

お酒(黒糖焼酎ですわ)を飲むと、がらっと人が変わったように明るくなったり、女性は艶っぽくなったり

後、島唄を親戚の集まりとかでよく歌ってるから、みんな歌が上手!私とか恥ずかしくて島人の前ではカラオケなんて歌えません~


でもですね、奄美大島自体が田舎の島であり、その南端の町古仁屋は、仕事がない人は溢れているし、会社やお店はちょこちょこ倒産するし、ある日突然夜逃げしちゃったりするし、離婚する人も多いし。(これを古仁屋の人が読んでて気を悪くしたら、ごめんなさい)

普通に生活していながら、周りでは深刻なことが起こっていたりします。

人自体はみんな温かいんだけど、どこか危うい感じがする、そんな人たちが多かったです。

だから、私が古仁屋で仲良くしていた友達もいつそんなことに巻き込まれてしまうか分からないので、

「元気でいるよ

と便りがくると他の友達よりもずっとほっとします。


こちらが堤防から見た古仁屋の中心部です。

koniya1.jpg




さて、届いたダンボールいっぱいのたんかん

今年はとってもできがいいみたいで、甘くてジューシーです。

普通に剥いて食べるんじゃ、いつまでたっても食べきれない。

最近は2日に1回20個ずつぐらい、せっせと絞ってジュースにしてます。ミニラもぐびぐび飲んでますわ。

私と遊んでくれる方、まだ残っていればこのたんかんジュースを持参してきますわ。

初パン作り

2008-03-12-Wed-13:29
先日、お友達の家に念願であったパン作りを習いに行ってきました

ホームベーカリーも持ってないし、ケーキを焼くのも年に1回ぐらいという初心者っぷり。

材料の計量はやってもらい、いざ材料を混ぜて、こねるところから。

・・・・といっても各工程を少しずつやらせてもらっただけで、ほとんどお友達(いや、今回はセンセイと呼ぼう)にやってもらいました。

そうやってこねた生地は1次発酵へ(菌が活動しやすい温度、湿度を作ってやって置いておく)。


その発酵の間、今度はセンセイが前もって1次発酵をさせておいた、別の生地を成形。

どうも不器用な私は、妙な形に仕上がったり、表面がしわしわになったり。

なんだかんだで成形したパンたち。これをまた2次発酵させるのです。

koppe1.jpg


パンとはなんとも時間のかかるものです。生きてる菌の力を借りて、パンを膨らましてもらってるからです。

パンは生きてるというのがよーく分かります。

発酵終ったパンを焼いてもらい、最初のパンたちが出来上がりました。

あ~この瞬間、幸せの香りと幸せな焼き色


koppe2.jpg


気の利くセンセイからスープ、パンに合う付け合せ、サラダなどを準備してもらい、こちらのパンは私たちのお昼としていただきました。

表面はもっちりとして、中はふわふわだけど、市販のふわふわ感とはまた全然違う。

シンプルなパンだから、噛めば噛むほど味が出るのですわ


そして最初にこねてたパン生地はレーズンパンになりました。

このレーズンを全体に入れるという作業がけっこう難しく、私が成形したやつは端が破けてしまってました・・・・

rasen.jpg


ごはんよりパン党?のミニラは両手に掴んではガツガツとパンを口に運んでました。

習った私としては、「手がかかってるんだから、もっと味わって食べておくれよと言いたいほどの食べっぷり。

でもこんなにばくばく食べてくれるなら家でも作れるようにならないとな。



センセイもパン作り6年というかなりのプロ級で、パンを作る腕はもちろんのことながら、教えるのも上手で、話し上手で、料理上手。

美味しいパンのにおいに誘われてか、とっても家にお客が多いみたいで、久しぶりに人のおもてなしするということも勉強させてもらいました。


美味しいパンをお腹いっぱい堪能し、お土産パンまでいただき、帰宅

このお土産パンを食べてしまわないうちに、太陽が沈む前に撮影しとかないと、と慌てて撮影してたのですが、

nerau.jpg


レゴブロックで気を引いてたはずのミニラの手がいつのまにか伸びて、奥のパンが取られ、食べられ、ねずみがかじった後みたいになってしまった・・・・



ペアルックではありません

2008-03-03-Mon-10:57
外は黄砂が降ってます~

しかも微妙に雨だし、月曜日だし、今日はダラダラDayと決定しました


子どもとペアルックにするというのはどぉーも私の性格上ダメなのですが(子どもの兄弟ではかわいいと思うけど)、今春はどうしてもこのデザインのTシャツが1番だったので、ミニラ用と私用に買っちゃいました

dorat.jpg


今春公開映画「ドラえもん のび太と緑の巨人伝のオリジナルデザインTシャツ。

ユニクロで2枚1800円。

手前のがミニラの95サイズでこちらが背中側のプリント。

奥のが私の150サイズで表側のプリント。

ちなみに上に乗っけてるドラはマクドのハッピーセットの玩具です。


あ、でも私意地っ張り?なので、ミニラと別々の日にこのTシャツは着る予定



私が1歳だった当時ちょうどいいアニメとしてドラえもんを子守り?として見せてた母。

3歳から12歳まで毎年大長編ドラえもんの映画に連れて行ってくれた父。

その影響は今になってもしっかり出てますわ。





追記です。

早速ミニラに試着させてみました。

ちょっとまだ大きいけど、今夏から着せますわよ。

dorat2.jpg


PC台の回転イスを押して歩くのがこの時間のブームだったなり。



HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。