島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝った

2008-02-25-Mon-22:48
ミニラ、パソコンのデスクの引き出しを開けて中を引っ張り出すことがここ3,4日のブームでした。

この引き出しにはけっこう大事なものが入っており、ちょっとミニラから目を離したときには、パスポート、通帳、印鑑、年金手帳なんぞがばら撒かれているという危険な状況でした。

「こりゃーいかん」と今日慌てての店に引き出しストッパーなるものを買いに行きましたわよ。

ホントは黒が欲しかったけど、白かベージュしかなかった・・・・

とにかく急ぎのものだったし・・・・・

帰って早速装着。

ミニラ、「なんだこれは?」と触りながら、いつものように引き出しを引っ張ってみるが、もちろん引き出しは開かない。

叩いたって、押したって開かない。

いっひっひ。

勝ったぞ

ミニラが引き出しと格闘する様子を見て見ぬ振りして、夕食準備をしていたら、ミニラが

「ぎゃーーーーー


と畳にバタバタし始めて大泣き。自分の気に入らないことがあるといつもこうなのですわ。

私の勝利の記念にパシャリと1枚撮ってやりましたわ。

okoru.jpg


それにしても目立つストッパーでしょ。

こうやって家の中が子育て仕様になっていくのね。

スポンサーサイト

キューピー3分クッキング

2008-02-20-Wed-16:43
今頃になってうちのミニラが「キューピー3分クッキング」のオープニングテーマ『玩具の兵隊』という曲が大好きだということに気付きました

だって昼前の11時45分にテレビなんてつけてます?

12時に「いいともでも見てやるか」とテレビつける人は多いだろうけど。

チャラッラッラッチャチャチャ♪

のお馴染みのメロディが流れると、急にハイテンションになって走るように足踏みし始めます。

ミニラのために午前中家にいる日はキューピー3分クッキングをつけているのですが、あの番組で紹介される料理のなんとも手間がかかること。

この前見てた豚肉と大根の煮込みは、途中何回かの行程を経て、1時間半ぐらい煮込んでおりました。

ただでさえ高いガス代がいくらかかるねん!ってつっこみたくなりますわ。

・・・で昨日豚の角煮作ったら、圧力鍋使って15分で完了です。


番組の料理に対するケチはこのぐらいにしといて。


ミニラにとって「これさえあれば」というお気に入りの曲を見つけたことは大きな収穫です。

今は携帯にダウンロードすれば、いつだって聴かせられるし

おかげで、オムツ替えるとき、車の中でチャイルドシートを嫌がってぐずったとき、歯磨きのとき、いつでも携帯渡して、

チャラッラッラッチャチャチャ♪

これでなんとかなりますから。

でも子どもって飽きっぽいからいつまでこれが続くかねー



やっとちょっと温かくなったから、

「何か春らしい花が咲いてないかねー

と慈眼寺公園に行ってみたら、秋はコスモスがいっぱい咲いてたところが菜っ葉のような畑になってました・・・・

そして周りはお散歩する犬だらけで子どもの姿は見られませんでした・・・・

nappa.jpg



軽く失敗だったから20分ぐらいで切り上げて帰ろうとしたら、ミニラは帰りたくなかったらしく、チャイルドシートで大泣き。

ここでも

チャラッラッラッチャチャチャ♪

は大活躍でした。







2月真っ只中です

2008-02-11-Mon-08:29
「寒い寒い・・・

と言って家の中かショッピングセンターの中ばかりに閉じこもっていて、外を散歩することをしなくなってました。

これはいかん、と久しぶりにカメラを持ってお散歩してみたら、外はすっかり2月の雰囲気です。

2hikan.jpg


こちら緋寒桜です。

奄美のときは鮮やかな緋色の花があちらこちらに咲いていたのですが、こちらのお宅の木の種類のせいなのか薄ピンクの花が多い緋寒桜でした。


2ume.jpg


そしてこちらは梅。3分咲きってところだったでしょうか。

久しぶりに梅を見たのですが、桜と違って真ん丸くぷっくり咲くものなんだぁと改めて思いました。

どちらにしてもピンクの花ってなんかウキウキしますな




さて、外の雰囲気もすっかり2月ですが、街はもっと2月の雰囲気一色です。

私のだーいすきなバレンタインデーですわ

このときばかりは全国や海外の有名チョコレートが百貨店にやってくるから、もう見てるだけでもウハウハ状態です

更に試食なんてさせれもらえるともっとウハウハ言ってます(あくまで試食は澄まし顔でさせてもらってるが)

このいっぱい並んでる美味しそ~なチョコレートの中から2つほど選ぶのが至難の業でして、甘いチョコレートの前なのに難しい顔して悩んでおります。

もちろん自分の口に入るものだから、そりゃあ慎重にもなりますわ。

夢はバレンタインデー時期に百貨店に入ってる全ブランドのチョコレートを1種類ずつ購入すること

果たせぬ夢とは分かっていますとも。


バレンタインデー=チョコレートの祭典と完璧に勘違いしている私ですが、本来バレンタインデーというのは好きな男性にチョコレートを渡して、愛の告白をする日なんですよね。(ここ数十年の日本では)

それが、ただ自分がチョコレートを楽しむための日になったのは一体いつからでしょうか。これもオバさん化現象ですわ

私の記憶によれば、中学、高校まではまだドキドキしてた気がするぞ。

たくさん手作りして、渡せるか渡せないか分からないけどできがいいのを本命用に準備して、後はお友達に配る用として持って行ってました。

そしたら、当時のうちの中学は

バレンタインデーといえども、学校にお菓子を持ってくるのは禁止

なんていう融通の利かない規則があって、バレンタインデーともなれば荷物検査らしきことをされたり、棚とか部室とかを徹底して調べられてました。

私も周りの友達も見事に没収され、放課後説教ものですわ。

主に女の先生たちに恐ろしい顔して説教されたのですが、最後に学年主任だった男の先生から、

「バレンタインデーにもらえない男の気持ちを考えたことあるか?靴箱や机の引き出しを何回もチェックしても何も入ってなかった1日を終えるあの気持ちを・・・・・」

とちろっと涙を浮かべて力強く説教されたのをよく覚えてます。

これは説教じゃなくて単なる自分のバレンタインデーの切ない思い出だろう?と思うのですが、中学時代のバレンタインデーの切ない思い出となると自分がチョコを渡す、渡せないよりもその先生の涙を思い浮かべてしまいます。


ミニラも将来そんな切ない気持ちを味わうのかね。それともしれーっと髪型をキメたりして、気持ちはるんるんで学校に行くのかね。

十年後が楽しみです





HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。