島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆既月食と二足歩行

2007-08-29-Wed-16:34
夜、いつものように暴れまわるミニラに食事をさせ、お風呂に入れ終ってほっとしておりました。

夫はちょいと用事があって自転車でドラッグストアに出かけて帰ってきたところ、こう言いました。

「月食を眺めながら、夜空をチャリこいできたよ


「んん?何?月食だとぉ

3年ぶりの皆既月食だったのです。

皆既月食とは太陽、地球、月がちょうど一直線に並び、太陽からの光を受けた地球の影が月に映る現象です。

夫にミニラを抱っこしてもらい、三脚と望遠レンズ持って、慌てて下に下りました。

まもなく、皆既月食も終わりそうなところ、とりあえず慌ててシャッター切ったら、なんとか間に合いました。

gesshoku

<8月28日 21時20分 撮影>


これだけくっきり撮れるってさすが、望遠レンズ様様

でも3年後はちゃんと準備して、別の狙い方をしてみたいものです。

でもでも、3年後も「うわ、今日月食だった!」と慌てて撮影しそうな予感ばりばりです・・・




もうひとつ、最近ミニラに大きな出来事が起きました。

二足歩行を始めたのです。

サルから人間への大きな進化のようです


ミニラがつかまり立ちを始めてから4ヶ月。

頭でっかちでバランスが悪いせいか、けっこう時間を要しましたが、ある日突然テーブルから手を離して、1歩、2歩、歩き始めました。

tacchi


また、これがミニラ自身も歩けるようになったのが嬉しいのか、画像のように手でバランス取りながら、にやにや~笑ってとこっちに寄ってくるもんだからたまりませんわ。

慌ててビデオカメラのDVDが切れていたから買いに走り、部屋を片付け、ビデオを回し、ミニラに何回も

「立つんだ歩くんだ

と命じました。

そういうときに限って子どもってしてくれないものなんですわ。

30分ビデオ回しても、ほんの1秒立ったとこしか撮影できませんでした。

もう少し慣れたら、再撮影です。

更にアホ親「ミニラ歩いた記念と称して久しぶりにケーキなんか買っちゃいました。



しかーし喜んでばかりはいられない。

これからが追い掛け回るのに大変になる序章でしょう・・・・





スポンサーサイト

今流行りの

2007-08-26-Sun-17:05
今流行りのこちらまで、ばびょーんと行ってきました。

miyazaki1


元々の用事は夫の陸上の試合だったのですが、ふとどきな妻は

「わざわざ宮崎に来たのに、陸上競技場で終るのは勿体ない

と夫を競技場に下ろして、ミニラと2人で青島ドライブに行ってきました。

宮崎の道は、走ってて気持ちいいんですわ。

特にバイパスなんて最高です

一面に広がる空。

真っ直ぐに伸びた道。

センターラインに真っ直ぐに並んだフェニックスの木

スピードはぐんぐん出せるし、爽快です(あ、でも警察多いらしいっす

市内中心部から20分ぐらい車を走らせて、青島に着きました。

青島とは日南海岸の入り口にある、周囲1kmぐらいの亜熱帯の植物で覆われた島です。

とりあえず行ってみましょうか。

aoshima1


このお土産屋さんの通りを過ぎると、見えてきました。

aoshima2


青々と茂った亜熱帯雨林に真っ赤な鳥居。そして周囲には鬼の洗濯岩が守るように広がっている、なんとも神秘的な島です。

島に渡る前に橋の前で1枚。

aoshima3


島を渡ると左右に広がる鬼の洗濯岩。

aoshima4


元々日南海岸は柔らかい岩と堅い岩が交じった地形だったのですが、波に侵食されて柔らかい部分が削られて、堅い部分だけが段々に残ってこのような地形になったのです。

昔の人はこれを見て

「大きな鬼が洗濯するんやから、このぐらい大きな洗濯板やないとな」

と思い「鬼の洗濯岩」という名前を付けたのでしょうな。なかなかセンスありますよね。

aoshima5


みんな岩場に下りて楽しんでいます。

ミニラ連れでそれができない私は

「ちぇ、みんな鬼に洗濯されてしまえばいいのよ

とイジワルなことを考えてしまう始末。

aoshima6


青島内のうさんくさいお土産屋さんで売ってたソテツ。

もちろん買いませんが、被写体としてちょいと拝借。



前の写真で見える鳥居のとこまでは頑張ったのですが・・・・力尽きました。

気温36℃

砂でベビーカーもなかなか動かず。

プラス、ミニラが熱中症になるのがこわかったから、車まで往復1時間で切り上げるのを目標とすると、今引き返さなくてはならないのです。

旅先でミニラが病院行きとかなったら厄介だから、渋々引き上げることにしました。

真夏の青島は赤ちゃん連れには過酷でした。


その後、夫を拾い、宮崎市内をぷらぷらし、美味しい鶏のもも焼きを食べて帰りました。

それにしてもあっちこっちでうじゃうじゃ観光客を見かけました。

けっこう私と同じような言葉を発してる人たちもいました。福岡から4時間ぐらいかけて来てるのですわ。「絶対あんたたち、1年前だったら来てなかっただろう」といわんばかりに、東国原シール付きのお土産を買い占めてました。

別に宮崎に何か新しいものができたわけでもないのに、知事がひとり替わるだけでこんなに変わるんだからね。

それだけでも東国原知事がここ半年でやったことってすごいです。



別に知事とは関係なく、青島で不服な結果に終ったので、また涼しくなって宮崎はリベンジしますわ。



帰る途中の都城のイオンで見つけたこういうもの・・・・

higashichoco


あっちこっちで東国原シールの貼ったお土産は見かけましたが、本人の顔がチョコレートになってるとは。

欲しかったけど、600円。安くはないっす

いや値段よか、顔にかぶりつくのにどーも抵抗があるのは私だけ?

宮崎の老舗洋菓子屋goro'sさんが販売してます。


公園デビュー

2007-08-19-Sun-16:50
本屋で立ち読みをしていて、主婦&ママ向けの雑誌「VERY」「LEE」が抵抗なく読めるようになった自分にふと気付きました。

「VERY」のような生活はダンナさんの年収がいくらあるご家庭でしょうか。羨ましいものです。

逆に「MORE」「With」はもう数年前から厳しく、「Oggi」「style」なんかは働く女性をメインにしてるので、今の自分にはそぐわない。

そうなると私の年齢と立場的には「VERY」「LEE」の世代となるわけですわ。

あーこうやって女って年を重ねるというか、老けていくというか、一抹の寂しさを感じてしまいました。



さて、うちの夫はお盆も関係なくお仕事なので、妻もお盆も関係ない生活をしておりました。

でも周りは思い切りお盆なのですな。

午前中や夕方散歩に行っても、ちょっとうざいと思っている公園ママたちの姿が見えない

夕方に小学生も遊んでいない

DVDはレンタルだらけ

みんな休日を満喫しているようです。


・・・・ということは公園を独り占めできるよなと思い、夕方ミニラを連れて公園に出かけてみました

もちろんいつも遊具で遊んでる子どもたちはいません。

まだ歩けないミニラを砂場に放してみました。

最初は「ここはどこだ?」と警戒心丸出しで、じーっと砂を睨みつけてます。

次第になれて、砂を掘り堀りし、砂場でハイハイし回りました。

覚悟はしていたけど、砂だらけです。

sunaba1


次は砂場では物足りなくなったのか、滑り台の階段に向けてハイハイ始めました。

何をするのかと見ていたら、階段をハイハイで駆け上がっていきます。

suberidai1


おーこれ以上行ったら、見てるだけでは危ない、危ない。

私も一緒に付き添いです。

階段を全部登り終えたミニラ、ハイテンションに「おーおー」叫び回っております。

高いところってわくわくするのでしょうな

これ以上高い所に居たらいつ落ちるかと思うと恐ろしいので、滑り台で一緒に下りました。

すると・・・・また滑り台の階段向かって一直線。

これを10回ぐらい付き合わされました。

久しぶりに滑り台なんて滑ったから、おしり痛いし


まあー他にもブランコにつかまり立ちしようとしてこけるし、遊具の回りを伝い歩きで歩き回るし、全身砂まみれになりながら、叫び回って楽しんでました。

小学生の子どもたちは遊具でルールを作ってゲーム感覚で遊んでたりするし、3~4歳の子たちは本来の遊具の遊び方で楽しんでるし、1歳のミニラだって滑り台の階段を登って、一緒に滑るだけでも楽しめる。

改めて公園の遊具って、色んな世代の子どもでも楽しめるように考えて作られてるんだなーと感心させられました。


最後におもしろい写真が撮れたのでちょいと見てやってください

yo-idon

電車と競争だ!よーいどん!






トワイライト

2007-08-15-Wed-16:10
鹿児島在住の方、問題です。

さて、これはなーんだ?

sate1

浴衣でお出かけ

2007-08-13-Mon-01:11
8月の土日は天文館「浴衣の日」

なのです。


去年は妊婦&産後1ヶ月ということで着れず、今年の錦江湾の花火大会は行けないので、これを逃したら今年も着れない!と危機感を感じ(?)浴衣を着て意気揚々とお出かけしてみました

ミニラも甚平さん着せて、おそろい気分です

夫は別件で外出しており後で待ち合わせだったので、ミニラをベビーカーで連れて、浴衣着て市電に乗るという気合が入ったことをしてきました。

もうここまでくればただのアホですわ


意気揚々と出かけた割には、いつもとしてることは同じ・・・

デパ地下で試食、試飲をしまくり、試食を勧めてくれる方と話し(一応買おうか迷ってる素振りだけは見せる)、新作商品を物色する

ただ、浴衣という目立つ格好のため同じ売り場を何度もうろつけないという難点はありましたが。

浴衣で出かけたので、洋服の試着はできないことに気付き、洋服の売り場をうろつくことは断念しました。

でもねーー洋服の試着はできずとも、靴の試し履きはできるのですよ。


商店街内のショップで前から気になっていたクロックスのプリマを履かせてもらいました。


こんなやつです。




カラフルなバレーシューズのような形がすっごくかわいいのよね

でもねーー私の足の形とうまく合わず断念

普通のクロックスと違って足にぴったり合わないとダメのようですわ。とほほ。


そんなこんなでうろうろしてたら、夫より用事が終ったとの電話。

約束してたとおり、むじゃきのしろくまを食べに行きました

shirokuma


この一見秩序があるような、ないようなトッピングがいつも気になっております。

昔はちゃんとしろくまの顔にしてたらしいけど、お客様の要望で色々フルーツをトッピングしてたら今のような形になったようです。

淡雪のような氷と練乳シロップがたまりません

ミニラのこの狙ってる表情。もちろん喜んで食べました。


帰りに夫に「こうこう撮りなさい!」と指示を出して、撮ってもらった1枚

yukata



実はこれ私が中学生のときに買ってもらった浴衣なのです。

子持ちだし、30過ぎたらそれなりの柄に買い替えようかな。帯の結び方もね。

それよか30過ぎる→ミニラはもっと暴れだす+もうひとり増えてるかもしれない。

それで浴衣を着る余裕があるかが疑問ですな



最後に。

この天文館浴衣の日のイベント。

これは失敗でしょうな。

浴衣を着て行くメリットがあまりない。

町中でのPRも少ない。

もう少し色んな特典を増やしてくれなくちゃ、暑いのにわざわざ着ていかないよ。

ちなみに私が見かけた浴衣で歩いている人は3人だけ(うち2人が夜のお仕事の方と思われる)でしたとさ。

指宿ドライブ

2007-08-09-Thu-18:11
うちの近所にもちょこっとながらハイビスカスが咲いてます。

zansho


立秋というのにまだまだ暑いですねー

お盆も近く、帰省する方も多いと思いますが、どうかお身体にはお気をつけ下さい。




最近どーも良くないことが続きます

憂さ晴らしに、ちょいと指宿までミニラとお弁当持ってラブラブドライブに行ってきました

海岸線沿いに車を1時間ほど走らせました。

悲しいかな、奄美の海を見慣れているので、どーも海の青さがイマイチなんです。

それでも十分きれいなんだけどね。



私が指宿に行って、まず立ち寄るところはこちら。


chiringashima


「おーい母ちゃん。向こうの島に渡りたいぞ!」


こちら、国民休暇村の知林ヶ島が見えるとこです。

潮が1番引いた時間になると、浅瀬ができて知林ヶ島に渡れるらしいのですが、未だ渡った事はなく。

かなりマイナーどころらしいけど、ここののんびりとして、広々とした雰囲気が好きなんですわ。

chiringashima2


こんなとこで、ミニラと2人でお弁当を食べました

贅沢でしょ。

最近のミニラ、離乳食を卒業しつつあるので、私のものを食べることができて楽なんです。


さて次に向かったのはこちら。

nishioyama1


JRで最南の駅である「西大山駅」です。(JRでなければ、沖縄のモノレールの駅が最南端です)

指宿から枕崎に向かう途中で西大山駅が1番南なのですわ。

nishiooyama2


「おーい電車はまだかー

まだ来るわけないでしょ。

登り、下り合わせて1日に10本ぐらいしか電車が通らない駅なんだから。

次は3時間後でした。

毎回のことながら、ここでは必ず鉄ちゃんにお会いします。


次は池田湖まで走ってみました。

日本一のカルデラ湖で海のような広さなんですわ。オバケ鰻がいるんですわ。

しかーし、ミニラ。ここでぐーぐー寝てしまいました

鼾までかいております。

起こして、ベビーカーに乗せて散歩するのが申し訳なくて、車から降りて即行1枚。

ikedako


どうせ開聞岳が雲に覆われてたから、いいんだもん・・・・


帰り道、まっすぐな道と雲の様子が気に入ったから、左に寄せて1枚。

ei


のどかだねーー

写真では分からないけど「ソラマメの里」なんて立て札も立ってるし。

そんなこんなで5時間のドライブでした

鹿児島市内に住んでいても、ちょっと車を走らせればこんな風景が広がっています。

憂さ晴らしで出かけたドライブですが、ゆったりとした風景に心の充電をさせてもらいました


今回どの写真にもいい味出してくれたのが、雲です。

夏の抜けるような青空に白い絵の具で描いたような雲たち。

またこの日は風も強かったから、時間ごとに雲もいろんな表情を見せてくれました。


HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。