島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じっとなんてしてられません

2006-09-29-Fri-17:27
一時もじっとなんてしていられない僕です。

とにかく身体を動かしたいんです

ugoki


ugoki2


ugoki1


ugoki3



そうなんです。

起きてるときの赤ちゃんって一時もじっとしてないんです。

「お!かわいい表情してる」ってカメラ構えても、次には全然別の表情になってるし。

だから「赤ちゃんていつまで見てても飽きない」って言われるんだろうね。


最近は私が分かってきたのか、私の姿を目で追うようになってきました

顔ごと動かして私を探すんです。ちょっと見えないとこにいるとごね始めちゃうし。

こりゃあかわいくてたまりませんよ

夫の姿はまだ追わないようです。

いひひ。母親の特権なりよ。


これ、抱っこされてるときの甘えた表情なり。

amae




おーーーっと寝てるからと思って日記書いてたら起きたみたいだぞ。

また後ほど

スポンサーサイト

モーツァルト

2006-09-26-Tue-18:24
僕が外の世界に出てきて2ヶ月になりました。

最近のお気に入りはボクサーのファイティングポーズです。
これで母ちゃんにパンチをかましています。

2manth1


この子が7月25日生まれなので、昨日でちょうど2ヶ月になりました。

最近は夜の9時ぐらいから部屋を豆電球にして、寝かしつけてるので夜の12時には寝てくれます。

そして朝の6時半から7時に目覚めると

おかげで私たちもとっても規則正しい生活を送っております。



そう、夫何を血迷ったか


「モーツァルトを聴くと頭がよくなる!」

と言って急にモールァルトに走り出しました。

あなた・・・今までクラシックなんて音楽の授業でしか聴いたことないんじゃない?

気合でこんなCDまで買っちゃいました。

頭が良くなるモーツァルト ベスト 頭が良くなるモーツァルト ベスト
オムニバス(クラシック) (2006/05/10)
キングレコード

この商品の詳細を見る



私としてはモーツアルトじゃなくとも自分の好きな曲が入ったCDが欲しかったんだけど。

買ったその日、車の中でこれを聞いてたら見事に私がうつらうつらしてしまいました。

睡眠に入る前にぴったりです

あなたを安らかな眠りに誘います。

ですから勉強するときなどはお勧めできません。


このCDがこの子にどんな影響を与えてくれるか、おそらく目に見える効果は出ないのですから、うちらの自己満足?の世界になりそうです。

「この子が100点取ったのも、あの時モーツァルトを聞かせたからだ、うんうん」みたいな。



それと、今年が奄美最後なのでダイエーで800円で島バナナを買ってみました。


島人にとってはこんなお高いバナナはもらうもんだけど、うちらまで回ってくるかは疑問だったので、買っちゃったよ。

モンキーバナナのサイズでとってもフルーティなバナナなんです。

800円の価値はありまっせ。

島人はこれを吊るしておいて、食べ頃になったらひとつずつ取って食べるんです。

今はこーんな緑色なり。

これがどんどん黄色く熟れていくのさ。


banana

奄美に帰りました

2006-09-22-Fri-23:41
奄美に帰ってきました。

しかーーし、家の中は転勤があるかもしれないと思って気合で荷造りをしたのでそのダンボールだらけで参ってます

無駄な努力でした。


さて奄美に帰ったのは18日。

福岡→鹿児島→奄美大島と2回も飛行機乗り継ぎという初体験です

普段は図々しい私でも

「この子が飛行機の中で泣いたらどうしよう

と多少の心配はしますよ。


うふふ、でもねー空港って飛行機乗るまでにやたらと歩き回るでしょ。

抱っこされて、歩き回られるというのはこの子にとってとってもご機嫌な環境なのです。

案の定、空港内からぐっすり寝てしまい、寝たまま搭乗、離陸、着陸という初飛行機にしてはとっても楽ちんな初飛行でした。

ついで福岡→鹿児島間が今月で就航が終ってしまうYSの機材だったので、飛行機マニアたちがいっぱい写真を撮ってました。

一緒に紛れてパシャっと1枚。


ys



うーーん

夫が主役じゃないんだけど。


鹿児島空港では夫の妹とその子と待ち合わせてお昼をしました。

妹の子は1歳1ヶ月の女の子。ちょうどこの子の従姉弟です。

あやすと愛らしい笑顔を見せる、色白の美人ちゃんです



半年ぶりに妹の子と会うと子どもの成長のスピードに改めてびっくりさせられました。

ほぼ普通の食事に近い離乳食や、かたことの言葉。

その中でも1番びっくりしたのは、足です

いつもこの子がばたばた動かしてる小さな足に見慣れてるから、1歳1ヶ月の歩き始めの子の足がとっても長く、たくましく見えたんです。

自分の体重を支えるようになるんだから、当たり前なんだけどね。


今この子はばたばたさせることしかできないんだけど、こうやってまずはハイハイするための筋肉をつけているんだろうな



ベビーカー2台で空港をうろつき、食事して、展望デッキで飛行機見てと乗り継ぎの4時間を楽しみました。

もちろん奄美行きの飛行機でもぐーぐー寝ててくれ、奄美空港から自宅までの車で2時間もぐーぐー、プラス夜もぐーぐー。

こちらは初チャイルドシートで泣きつかれぐーぐー寝ちゃった顔です。

どことなくぶすくれてるでしょ。

child





11時間の長旅でしたが比較的すんなりいきましたとさ。

お宮参り

2006-09-13-Wed-19:30
かなり遅れながら、やっとお宮参りなど行ってきました

お宮参りいうても夫は福岡まで来ることできないので、私の家族だけでです。

いつもの櫛田神社まで行って来ました。

お宮参りといえば、着物なんかを着せたりするのですが、親戚よりお借りしたこーんな
ヒラヒラ~
のドレスを着せてみました。


dress1


dress2



いひひ、この顔。

「なんかいつも着てるのよりも動きにくいぞ・・・
とびっくりしてるようです。


神社で太鼓はドンドン、琴の生演奏?付きで祝詞をたっぷり20分ほどあげてもらいました。

私は結婚式も式場だったんで、神社で正式に祝詞なんてあげてもらうの初めてだったんです。

神社のお賽銭入れるとこの中に入れるのもなんだか得意げになっちゃいます。

後ろの一般の参拝客がちゃりーんってお賽銭入れて参拝とかしてるし。

今まで見れなかった神社の中をじっくり見てみたり(櫛田さんは改装中なのでちょっと寂しいが)、神主さんの直衣の重ねを観察してみたり、祝詞で何て言ってるのか英語のリスニングのようにじっくり聞いてみたり。

やっぱり自分って日本人だよ

太鼓ドンドン鳴ろうと、シャラシャラお祓いしてもらおうと、外顔良い我が子は寝てたり、きょろきょろしてました。

かなりの豪傑くんのようです


お祓いも終わり、子どもと家族全員に御神酒が振る舞われ、お土産もいただきました。

一生のうちにそうあることじゃないし、これで五千円ならなんだか得した気分です。


その後近くの梅の花でお昼にしました。

子どもはドレス脱がせたら、

「おい!祝詞の間大人しくしてやってたんだから、暴れてやるぜ

と散々暴れ回っておりましたが、ミルクをぐびっと100mlほど飲んで、揺ら揺らしたらぐっすり寝てしまいました


梅の花の「生麩田楽」うまかったっす

ショップでも売ってるので、お試しくださいませ。

血は争えない?

2006-09-09-Sat-17:22
気が付いたら飲み過ぎでブルドッグのようにほっぺたが落ちてしまいました・・・・

hoppeta



えーーー以前は新米母ちゃんなのに楽してましたが、最近はなかなか手がかかるようになってきました

四六時中抱っことおっぱいはせがむし、泣いて暴れ回るし、夜中は3時ぐらいまで寝ないし。

流行りの「ちょいワル」な赤ちゃんになっております。

そもそも私のほうが呑気なので、昼間だと子どもが少々泣いてようと

「おうおう、ちょっと泣いて運動しておけよー」

と言って、皿洗ったり、洗濯物干したりなんぞしてます。

そんな金曜日、いつものようにぎゃーぎゃー泣いていたのに、皿を洗っていたら気が付いたらなぜか泣きやんでる。

んん?と思ってテレビ見たら、ドラえもんがあってたのです。

ドラえもんをぽけーーっと眺めてます。
dora



私は生後6ヶ月ぐらいのときからドラえもんを見て育ったぐらいの、ドラえもん好きです

うーーーん。血は争えないのか、たまたまなのか。
次の金曜日も実践してみようと思います

甥っ子は

2006-09-05-Tue-20:02
僕が泣いてても母ちゃんは抱いてくれるのではなく、カメラを構えます・・・

nakigao




うちの実家には弟が同居してますが、甥っ子というのはかわいいみたいですね。

うちの弟も時間があるときはよく子どもで遊んでます。(子どもと遊んであげるのではなく自分が遊んでる)

うちの弟が子どもに話すことの笑えること、笑えること。

子どもはよく耳にしてた言葉を最初に話すと聞いた弟は、子どもにこう言い聞かせました。

「ベンツ、ベンツ」

「ロールスロイス、ロールスロイス」


・・・・最初に話す言語は「ベンツかロールスロイス」という願いがこめられてるようです。


またある日、ギャーギャー泣きわめく子どもをあやしてた弟はこう言いました。

「おーーう、そんなに泣いて彼女にふられたかーー

・・・・彼女どころか他の女の子の赤ちゃんともふれあってませんぞ。


またある日、私がトイレに行って戻ってきたら、子どもが消えてる。

んん?と思って隣の部屋を見ると、こんなことされてました。

子ども暴れてるので、ぼけてますが。



kazu



うちの姉弟って今まではそこまで仲の良い姉弟ってわけではなかったのですが、弟の意外な一面を見ることができました。

これも子どもがもたらしてくれた発見です



HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。