島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛行機のお腹

2008-05-09-Fri-16:31
福岡に飛行機で来られる方がたまにびっくりしてこんなこと言われます。

「飛行機が町中に落ちるかと思った・・・・

そのぐらい福岡空港って町中にあるのです。博多駅から地下鉄で2駅ですから。

普通空港っていったら、平野か海沿いに作られている所が多いのに、全国的にも稀有な空港だと思います。


私、帰省して車があるときは大抵福岡空港に飛行機を見に出かけます。

単に空港の展望所で飛行機を見るのではなく、周辺から空港に着陸する飛行機の真下を見に行くのです。

飛行機がライトをチラチラさせながらどんどん近づいて

自分たちの頭上を轟音と共に通って

通り過ぎて着陸するものだから迫力満点です

今回はミニラ連れて初見参だったのですが、最初私の膝でぐーぐー寝てたミニラも轟音にびっくりして起きてしまうぐらいです。

sky2.jpg


sky3.jpg


ANAのボーイング777-200ぐらいでしょうか?ジャンボでなかったのがちと惜しい・・・


福岡在住でデートのネタに尽きた方、お金もかからないお勧めスポットです






スポンサーサイト

山笠2

2006-07-12-Wed-20:55
先日産婦人科に行ったら、
「頭は下がってるけど、まだみたいだから、よく歩いて体動かしてください」と言われてしまいました。

まだまだということは、せっせと外出して刺激せねば・・・・ということで母ちゃんに追い山ならしを観に連れて行ってもらいました。

追い山ならしとは、15日の追い山の予行練習みたいなものです。

追い山は15日の午前4時59分にスタートしますが、追い山ならしはその13時間前の午後3時59分にスタートします。

なぜに59分という中途半端な時間にスタートするかは後で分かりますので。

今年の1番山は恵比須流です。

子どもたちもおじいちゃんといっしょに走るのかな?
子どもからお年寄りまで、博多の男たちはみんな参加するんです。

yamakasa8



2分前、1分前、30秒前、10秒前、5秒前・・・・というコールが入り、

やあぁぁぁぁ

という掛け声と共に山がスタートしました。

スタートして、まず櫛田神社に入ります。
神社内の精道という棒を一回りしてすぐ1番山はストップします。

ここで「祝いめでた」という歌を全員で歌い上げるのです。ちょうどこの歌が1分なので、1番山のスタートは59分という中途半端な時間なのです。

さあ、1番山の恵比須流れが町に出てきました。

yamakasa9


オイサッ

オイサッ


という掛け声と共に、山が揺れながら道を走ってきます。

わっしょいじゃないんです。「オイサッ」と「おっしょい」が山のときの掛け声なんです。

yamakasa10


ゆっさゆっさ巨体を揺らしながら山が通り過ぎて行く様は圧巻です。

だから、ゆっさゆっさ揺れたときに美しく見えることを計算して、山にはいろんな幟が付けられていたり、人形が大きく手を広げていたりするのです。

今日の恵比須流の櫛田入り(スタートから櫛田神社に入り精道を回り、神社を出るまで。歌ってる時間は引かれる)のタイムは34秒でした。

そう、一応タイムを競う祭りなんです。


2番山の土居流です。私の好きな真田幸村がゆっさゆっさ揺れながらやってきます。

yamakasa17




3番山は大黒流です。ここはたっぷり勢い水をかけられてました。
勢い水(きよいみず)とは沿道からかき手を冷却させるためにかけられる水です。

4番山の東流はカメラ構えず、観てました。

ここでちょっと場所を変えてみます。

5番山の中州流が走る前の様子。こうやって子どもたちが町内の札を上げて「今からうちの山が来ます」と知らせるために先に走るのです。


yamakasa12



中州流は孫悟空です

yamakasa13


さてさて、またちょっと移動してみます。

勢い水をかけてるとこに、熱冷ましのために男たちがやってきます。

yamakasa14


さっきのような道で観るのもいいけど、せまい道を山が走る様子もスピード感があっていいんです。
こんな狭い道を駆け抜けていくの?というとこも山はやってきます。
こちら権藤通りです。

yamakasa15


ちょっと一回りして、櫛田神社の脇に出てきました。

最後の上川端通の飾り山がちょうど櫛田神社から出てくるとこでした。

yamakasa16


この間の飾り山です。あの釜がゆっさゆっさ揺れて、幟がキラキラする様子が本当に美しかったです。

飾り山の櫛田入りは46秒って言ってたかな??


身重なのも忘れて、汗だくになって40分ほど山を追いました。
元気だったら全部見れるんだけど、今年は我慢我慢ということで。

今年の追い山は週末です。

福岡在住で可能な方は14日に夜通しで飲んで、そのまま山を観に行きましょう

山笠1

2006-07-10-Mon-16:17
博多の町に山笠の季節がやってきました。

7月1日から7月15日早朝の追い山まで博多の待ちはざわざわ落ち着かない日が続きます

今回は川端商店街まで、飾り山を観に出かけました。

いらっしゃーい!!ちょっとレトロな商店街なんです。

yamakasa7


夜8時過ぎだったので、店は閉まってますが、おいしいラーメン屋やうどん屋やケーキ屋はあり、仏壇屋や金物屋みたいな昔ちっくな専門店はあり、お水のおねえちゃんのドレス専門店はありとちょっと変わった商店街ではあります。


3年振りぐらいの山笠に感激しましたわよ。

yamakasa1


こちら今年の上川端通の走る飾り山です。
重さ2トンぐらいあるこの山を約40人で担いで、大勢で押して駆け抜けます。

標題は「羅城門」九条門に棲みつく鬼と源頼光と鬼を退治した渡辺綱を描いたものです。

ちょっと渡辺綱の人形をアップにしてみますね。

yamakasa2


この表情見事でしょう。


さて、見送りの標題は「碇知盛壇浦散華(いかりとももりだんのうらざんげ)」(歌舞伎で壇ノ浦で平家が滅亡したとき、平家が亡霊となって源氏を暗殺するというものです)

yamakasa3


すごい迫力です。


また川端商店街を歩くと別の飾り山に出会えました。
標題は「山内一豊名馬誉」

yamakasa4


ライトアップされた様子がさっきとまた違った趣です。

名馬と一豊が美しうございます。

見送りは「ドラえもん」

yamakasa5


子どもたちにも人気のドラえもんは毎年どこかの飾り山で登場します。


そして、こちら山笠の期間よく見られる男たちの姿です。
9日のお汐井とりの反省か10日の流舁き(かき)の打ち合わせでもしてるのでしょうか。

yamakasa6


左は「長法被」
これは山笠期間中の男たちの普段着です。

右は「水法被」
山笠を舁くときに着る法被で流名や町名が後ろに染め抜いてあります。多分「川端」の「」の文字ですな。
まわしのことは「締め込み」と呼びます。このお尻がセクシーなんです。

とりあえず第1弾の飾り山でした。

んん?第1弾ということは第2弾もあるんですよ。うふふ~



台風前の空

2006-07-09-Sun-22:37
台風前だからでしょうか?

福岡の空は快晴しかも無風気温は35℃

とんでもない天気です・・・・

あまりにも暑いから恨めしくなって、ベランダに出て空を見ると、なんだか雲が変なんです。台風前で大気が乱れてるっていう様子を表しています。

taifumae1



その日の夕方・・・・やはり無風ではあるのですが、だいぶん気温も落ち着いてみたから、夕暮れ時にちょっとお散歩してみました。

空が真っ赤でちょうど日没時なのですが、どこに行っても夕日が落ちる様子が見えない

ビルやマンションが邪魔なんです!

奄美にいたら海や山陰に夕日が落ちていくのを見るころができるのに・・・・

夕日が落ちるのを見ることができるってことがなんて贅沢なことなんだということに今更気づきました


taifumae2

七夕飾り

2006-07-05-Wed-15:33
とある土曜日。

ニンプ、いつものごとく身体がきついのでお昼ぐらいまで寝てました。

すると、我が家の下でワイワイざわざわ・・・・子どもとお母ちゃんたちの声がします


あんなに雀のようにピーチクパーチクされたら、眠れません。

渋々起きて、下を見たら・・・我が家の下の広場に大きなブルーシート3つ分の子どもとお母ちゃんがちがみんなでお弁当広げてます。

どこかの保育園か幼稚園の行事らしいです。

よく見ると、広場のシンボル的時計がこんなことになってました!

tanabata1


七夕の笹飾りです。

これだけ大きな笹だから、時計にくくりつけるしかできなかったんでしょう。


ちょっとアップ
tanabata2



カラフルな飾りと短冊がステキだよね。

願い事をちょっと読ませてもらったら

「足かけ回りができるようになりたい!」
「サッカーボールが欲しい!」

など子どもらしい微笑ましいものでした。


でもね・・・・毎日雨が降ってる福岡・・・・

悲しくも短冊も飾りも今日で半分以上濡れて落ちちゃってます

七夕まで持つのかな。


幼稚園児の卒業制作

2006-06-26-Mon-19:45
野菜撮影と同じ日の散歩です。

ちょっと足を伸ばして、自分が通っていた幼稚園まで行ってみました。
土曜だから当然園児はいないんですけどね。

ぽけーっと回りを歩いていると、壁にびっしりカラフルなブロックが!


youchien


よくみたら、園児の卒園製作なんです。


はい、よーく近づいてみます。
youchien2


これね「将来の夢は?」について園児が描いた絵なんです。
何になりたいのかわかるかなぁ。

見てみると、男の子は圧倒的にサッカー選手。
女の子はお花屋さん、ケーキ屋さん、看護婦さんが多し。

私の幼稚園のときの文集を思い出してみると・・・・私のときとほとんど変わってないんよ!
20年以上経ってるのにびっくりだよ!

私はですな・・・おませな子どもだったので小学校の先生でした。
みなさんは昔何になりたかったですか?


帰りに見つけたとってもかわいいお花。

ミニ提灯みたいでしょ。

youchien3


こんなかわいくてセンスのいいお花を育てるって家の主人の品の良さを感じるな。

野菜泥棒ではありません

2006-06-25-Sun-11:40
私が住んでるのは福岡市内でも少しはずれのところで、歩いて10分ぐらいすると、油山の登り口?になります。

基本的には住宅街なのですが、ほどよく田舎なんです。

田舎なので、少し歩くと広くはないのですが、田んぼや畑が見られます。

いつものごとくぽてぽて歩いてたら、野菜畑が見えました。



hatake


ふーーんと思って眺めていると、赤い実が成ってるのが見えます。トマトです。

ちょいと泥棒ではないのですが、写真だけ拝借させてもらいました。

tomato



そのお隣は

toumorokoshi




そのまたお隣は

nasu




またそのお隣は

zukkini



いいですなぁ。夏野菜満載の畑です。
これらの野菜で夏野菜のカレーを作りたいものだよ。

小学校で習った当たり前のことなんですけど、花が咲いて、花びらが落ちて、がくが残って、実になってっていうことを久し振りに見ることができました。

畑の所有者がいたら、にこにこ~って笑って話しかけて、うまいこと頂戴できたかもしれないな・・・・とか図々しいことを考えちゃったよ。(こういうときにニンプのお腹は便利)


もうちょっと歩くと、今度はこんなにステキな看板が。

kanban


小学生の色彩感覚ってステキよね。
アンビシャス農園って・・・・Boys be ambitious! - 少年よ大志を抱け! - っていうぐらいだから、大きく育て!ってことかな。



そんなこんなのお散歩でした。

ここ、家から5分のとこでよく通ってるんだけど、じっと見てみると色んな発見があるものです。


HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。