島美人のちょっとした幸せ

自称島美人である私の子育て生活と日々のちょっとした幸せを綴っています。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の秋ですよ!

2010-09-10-Fri-01:00
ここに来て1年半、映画館もなければツタヤもないので、もっぱらの娯楽は図書館で本を借りることです。

1年半も図書館に2週間に1度通いつめれば、読みたい本も尽きるので暇があれば友達のレビューとかで新聞広告で面白そうな本や作家を探しています。

「神様のカルテ」を予約入れてるんだけど、3週間以上連絡こず・・・・前に借りてる人はどうなってるんだい!

今更ですが・・・・本というのは読む人によって受け取りかたが違うものなんだなぁということに気付きました。

高校時代からの本好きな友達が辻村深月さんの本を大絶賛していたので、「こいつはひとつ読んでみるか~」と図書館で見つけたこの本を読んでみました。

太陽の坐る場所太陽の坐る場所
(2008/12)
辻村 深月

商品詳細を見る


ミステリー性もあり、腹黒い私にはぴったりだったので☆5を付けたのですが、辻村ファンの友達は☆3という評価。
でもこの本、辻村さんの作品にしては異色の作品のようなのです。



調子に乗って次はこちらをを借りてみました。

子どもたちは夜と遊ぶ 上 (1) (講談社文庫 つ 28-3)子どもたちは夜と遊ぶ 上 (1) (講談社文庫 つ 28-3)
(2008/05/15)
辻村 深月

商品詳細を見る



しかーし・・・・私は途中棄権しました。辻村ファンの友達は☆4の評価。



もう1回リベンジとしてこちらを借りてみました。

ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)
(2009/04/15)
辻村 深月

商品詳細を見る


途中まではすごく面白かったのですが、ラストが私には合わなかったので☆3を付けました。辻村ファンの友達は☆5以上

他のかたのレビューなどでもいくと辻村さんの作品のおススメは「ぼくのメジャースプーン」です。考えさせられるし、ピュアな気持ちにさせてくれます

私のようにダークな心をお持ちのかた、角田光代さん、湊かなえさんのように人間のダークな内面を描く作品が好きなかたは「太陽の坐る場所」はおススメです


この友達10年以上のお付き合いで、とっても仲はいいはずなのに、この評価の分かれようこれが本のおもしろさでもあるんだよなー


逆に大学時代のバイトでしか接点がなく10年以上会ってない友達と本の好みは合ったり、「この人とは絶対付き合えないな~」と思える男友達が付ける本の評価が自分といつもどんぴしゃりだったりすることがあります。

実際に会って話して付き合うのに必要な感性と小説の世界に向かう感性というのはまた別ものなんだろうなぁ。

だから10年以上会っていない友達でもmixiはよく覗いているし(むしろ本より食べたもの日記が多く、こちらの好みも合う)、男友達の3ヶ月に1回ぐらいの本の評価日記を楽しみにしてるのです。

これも本が結び付けてくれる不思議な縁です


ちなみに私に好きな作家はと聞かれると今は重松清、東野圭吾、横山秀夫、司馬遼太郎あたりだと思います。女性だと角田光代、宮部みゆきが当り率が高いです。


「こいつと本の感性は合うかな」と思うかた、私に本を勧めてくださいませ~

次に読もうと思う作家はこの本好きなお友達がまたもや絶賛している坂本司さんと国語科専攻だった友達が愛してやまないという吉本ばななさんです。

スポンサーサイト

遅れながら流行に乗りました

2010-04-15-Thu-22:53
去年から大流行だったこちら。


1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る


1Q84 BOOK 21Q84 BOOK 2
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る


先月末にやっと図書館にも並んだので、借りてみました。

村上春樹、苦手なんだよなー、まあ面白くなかったら止めよっと思ってたら・・・・見事にはまりました




去年のヒット番付にも選ばれるほどブームだった「1Q84」

どうしてこんなにヒットしたのでしょうか

村上春樹初心者であっても単純にストーリーに引き込まれます。登場人物がミステリアスで魅力的なのです。

そして村上春樹ファンには独特の描写や世界観にも引き込まれるのだと思います。

テロリスト、カルト宗教集団など現代社会に通じる問題も取り上げられていて、考えさせられます。

1984年という時代に関する記述も多いので、その当時大人だった人には懐かしむことができます。

性的描写がかなり多いので、多少は官能小説的な楽しみもあります。

また歴史的文学、音楽、宗教に関する記述も多いのでその方面に詳しい人も楽しめると思います。


まあ、色んな人が色んな楽しみかたができる小説だからでしょう。



私はBOOK1、2までは読んだのですが、最後1番いいとこで終わってしまい、「キーーーーッ」とやきもきしております

明日にBOOK3が発売。

小説は価格と整理するのに便利だから文庫しか買わない主義だけど、これは予約しに行かなきゃ。


はい、思い切り流行にのっかってる女ですが、なにか??

私の勝手ですが

2009-06-26-Fri-16:42
そこそこの田舎でも必ず存在する娯楽施設はパチンコ屋と図書館です

パチンコはしない主義なので、もっぱら子どもたち連れて図書館通いです。

しかもこの町の図書館は、子どもたちを放牧させて自分が本を選んでも周りに迷惑をかける人がいないので、非常に助かっています。

ちゃんと図書館として新刊なども置いてあるから、大きな町の図書館では予約でいっぱいの本などが借りたい放題です。

ということで冬に人気ドラマだったこの小説をいっちょ読んでみることにしました。

流星の絆流星の絆
(2008/03/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


面白いんだけど・・・・事件の真相をドラマで知ってしまっているから、今ひとつ緊迫感がなく

原作は映像を見る前に読まなきゃ楽しみが1/3ぐらいになってしまいます。


ドラマの登場人物の俳優さんが、小説を読んでる私の想像の中で動いてしまうのは仕方ありません。これも原作を先に読まなきゃいけないひとつの要因でもあります。

私の中でのイメージでは、戸田恵梨香と錦戸亮はぴったり、要潤はまあまあかなってとこ、二宮和也については、「ちがう!」って感じです。

ドラマの脚本は宮藤官九郎ですが、原作に忠実に再現しながら、かつ独特のクドカンワールドを作り上げたところが、改めてさすがだなぁと感心させられました。

ドラマと小説で全然違うラストシーンの二宮和也の台詞とあの表情は最高です。

何かもやもやを全部飲み干すような、すっきり、さっぱりとして、ちょっとスパイスも効いたラストは、ドラマのほうが好みです。


私は小説を読むときは登場人物を自分の頭の中で作り上げたり、自分が監督になった気分で誰か俳優をキャスティングしたりして読みたいので、小説の映像化については、「原作が発表されて2年」とか決め欲しいとこですが、それは私の勝手というものでして・・・・


ついで、次に図書館で借りた小説はこちら。

ジェネラル・ルージュの凱旋ジェネラル・ルージュの凱旋
(2007/04/07)
海堂 尊

商品詳細を見る


あーこれも境雅人が私の想像の中で動き出すことでしょう。





男子の頭の中

2009-05-27-Wed-13:30
最近読んでいる本がこちらです。

一瞬の風になれ 第一部  --イチニツイテ--一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
(2006/08/26)
佐藤 多佳子

商品詳細を見る


小説や漫画ではなかなか取り上げられない、高校陸上部の話です

一応これでも陸上部マネージャーだったので、懐かしい陸上用語にふふっと笑いがこみ上げてきたり(ケツワレって分かります?)、練習メニューを想像するだけでぞぞぞっとしたりで、面白く読んでいます

この話の主人公は、高校から陸上を始めて元はサッカーをやってた素人くんで、陸上の面白さにのめりこんでいく様子が描かれています。


話はちょっと変わって、3年前ほどには「バッテリー」を読みました。

こちらは中学生の野球部の話でピッチャー主人公とキャッチャーの友人を中心に描かれています

どちらもそうなのですが、中学生、高校生の男子にとって部活、スポーツというのは生活を大部分を占めるものなんだなぁということを改めて実感。

私の中学、高校の記憶だと学校や教室での出来事部活放課後その他を割合にするとぐらいなのですが、どーも夫の話を聞いていると、それがぐらいなのです。

要は夫の中学高校時代の話はほとんどが部活のこと。

これらの本にしても夫にしても、中学高校の男子の頭の中はほとんどがスポーツのことでいっぱいなのだから、将来ミニラ、ジュニアの頭の中もそうなるのでしょう。

2人の男の子の母である私はそれを念頭において接しないとな。
(ちなみに「一瞬の風になれ」も「バッテリー」もたまに登場する母親は、主人公にとっては理解がない母親と映っているし

男子の単純いやシンプルな頭の中を覗いたような気がします。

furari1.jpg

君たちは将来何のスポーツをしますか

陸上もいいけどねー陸上ほど努力よりも素質がモノをいうスポーツもないから、素質あればすればいいんだけどね。



ニューシネマパラダイス

2009-03-20-Fri-22:00
ミニラもジュニアも寝て、夫も結婚式のため2日ほどいない。

のほほんの夜を謳歌する気満々だったのですが、その前に小腹が減ったので1枚400calというチーズトーストを作って食べ、更にハーゲンダッツのビターキャラメルを食べ、かなり満足しました。

たまに「これは身体に悪い!絶対太るぞ!」ということをやってみるのも、逆に気分いいもんです





さて、引越しが思いがけず1週間遅れたこともあって、1日だけ余裕かましてDVDなんぞ見ていた私です。

今回観たのは「ニューシネマパラダイス」

何回観てもいいです。何回観ても泣けます

アルフレードが映画館に入れなかった人のために壁に映画を映し出すシーン、トトが昔の恋人と再会するシーン、最後のキスシーンのオンパレード、どれも良かったのですが今回はトトの旅立ちのシーンで1番泣けてきました。

アルフレードが

「この村にあるのは幻と郷愁ばかりだ。2度と村には帰って来るな」

というようなことを言ってトトを送り出します


ふとこのシーンを見ながら、ミニラとジュニアを将来どうやって見送ろうか考えてしまいました。

今まではよくある旅立ちのシーンだったのですが、ミニラとジュニアが生まれたことで親目線になってます。

アルフレードみたいに「帰って来るな」とは言わないけど、どこか遠くに行って、私たちの知らないものをいっぱい見てきてほしいというのが親としての希望です。



また何回観ても、幼少時代のトトの愛らしさにはもうメロメロです。

ずる賢くて、こましゃくれた口をきいて、大人を困らせるのがとにかくかわいい

そして言葉がベタッとした巻き舌で歌うように発音するイタリア語だから、こましゃくれ度が更にアップです。

ようやく会話が成立し始めたミニラですが、今イタリアに行かせるとこんなこましゃくれた話し方になるのか、それもそれでいいかもなんて思ってしまいました。



昔の素晴らしい映画の映像の数々。

映画に携わる、魅了される人たちの細やかな描写。

この映画を観た後は、今は亡き水野晴郎さんに

「いやぁ、映画って本当にいいもんですね~」

と言ってほしいものです。



読書の正月です

2008-01-03-Thu-13:07
お正月です~

でも寒いし、人が多いのもあってどこにも出かけてません。

それでもせっかくお正月なのだから、自分にお年玉プレゼントをしようと本を4冊買いました。

まずはこちら

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る


チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る


一気に読んでしまいましたよ。

分かりもしないのに、手術の緊張感、人間の臓器が目に浮かぶようでした。

やっぱり現役医師が書いてるから、現場の様子が言葉から有り有りと伝わってくるのです。


次に元旦の南日本新聞の俵万智さんの特集に感激して、衝動買い?してしまったのがこちら

プーさんの鼻プーさんの鼻
(2005/10/25)
俵 万智

商品詳細を見る


この本の題名は、俵万智さんの自分の子育てを歌にした一句が元になっています。

「生きるとは 手をのばすこと 幼子の 指がプーさんの 鼻をつかめり」

子育て中に「そうそうそう!」って思えることが三一語の短歌によく込められていて、ふふふっと笑ってしまう歌あり、ほろりと涙してしまう歌ありで、言葉って素敵だなと改めて思わされました。


こんな歌がありました。

「うつぶせに 眠るおまえの 足の指 えんどう豆の ように並ぶよ」

これまた「そうそうそう!」と思ってしまったので、ミニラの昼寝中こそっと布団はがして撮影。

mame.jpg


このぷっくりした足の指を見てえんどう豆と出てくるところが、歌人としての観察眼の違いなのよねー

子育て中のママさん、この俵万智さんの歌集、お勧めです


奄美の宣伝??

2006-11-16-Thu-17:42
新聞をぽけ~っと読んでたら、ベストセラーランキングにこの本が入ってました。

南の島のたったひとりの会計士 南の島のたったひとりの会計士
屋宮 久光 (2006/11/01)
扶桑社
この商品の詳細を見る



んん?南の島にたったひとりの会計士?

うちの島って会計士さんはひとりしかいなかったよな・・・・この「南の島」って奄美大島のことじゃない??

早速買いに走りましたよ

店頭に並ぶ本は、画像の通り、美しい海の色がひときわ輝いています。

えーー名瀬の書店では私が手に取ったので最後でした


大きな会社がないこの島での会計士さんの仕事っぷりがとっても興味深くて一気に読んでしまいました。

島の人の当たり前と会計士の当たり前があまりにもかけ離れていて、実際住んでる者としては「あるある、こういうこととうなずけます。

でもこの会計士さんの頑張りで少しずつ島の人たちが変わっていっている様子にエールを送りたくなります。


店頭で海のブルーが輝く本を見つけた方は、お手に取って読んでみて下さい。




これと一緒に購入したのが、奄美の島唄の歌い手に中(あたり)孝介さんが最近出したアルバムなり

なつかしゃのシマ / 中孝介、韓雪 他


平井堅が好きな方は好きだと思います。

久しぶりにアルバムを買って聴いてたら、3曲目のとこで手が止まってしまいました。

ミスチルの「深海」に収録されていた「手紙」が中孝介さんの伸びのある声で歌われてたのです。

桜井さんの声より伸びがあり、スケールが広く聞こえて、私はオリジナルより好きかもです。

こちらも是非聴いてみてねーー

中さんの美しい声に聴き惚れてしまいます


奄美大島は人口7万人ぐらいの島です。

ここから全国に進出していくのは期間限定の移住者の私も応援したくなります


最近の読書

2006-06-28-Wed-22:48
ひまひまニンプはよく本を読んでます。
最近読んだ本たちです。

永遠の仔〈上〉 永遠の仔〈上〉
天童 荒太 (1999/02)
幻冬舎

この商品の詳細を見る


暗いけどどっしり読み応えあります。
幼年時代に心に傷を受けた3人の男女の現代と過去と交錯しながら描いていきます。
過去に何が起きたのか事件の真相が気になってどんどん読み進められると同時に、児童虐待というのが人間形成にどんな影響を与えていくのかというのを考えさせられます。




乙武レポート 乙武レポート
乙武 洋匡 (2000/05)
講談社

この商品の詳細を見る


かなり昔の乙武さんの本で、ニュースの森のサブキャスターをしていたときの自叙録です。
健常者、障害者との目線の違いはもちろんのこと、初めて報道という世界に飛び込んで、番組を作っていくことの難しさやすばらしさがちょっと頭がきれる学生の目線で描かれており、インタビューを重ねていくことにより乙武さんがひとつずつ成長していっているのがよく分かります。




半眼訥訥 半眼訥訥
高村 薫 (2000/01)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


どっしりとした社会派作家の高村薫さんのエッセーです。
もちろんエッセーながらも「現代社会はこれでいいのか?」と考えさせられる文章です。住宅について、家族についてなど鋭い視点は高村さんはやはり女性なんだっていうことを実感させられます。
(だって他の作品だけ読むと男かと思うぐらいどっしりしてるんだもん)



池袋ウエストゲートパーク 池袋ウエストゲートパーク
石田 衣良 (1998/09)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


テレビとかで大好きな石田衣良さんですし、池袋は馴染みの土地だからいいかなぁと思ったのですが、私は合わないみたいです。
どこか心に病を抱えた今どきの若者がいっぱい登場するのですが、2編ぐらい読んだだけでお腹いっぱいになりました。



もう1冊、平野啓一郎に挑戦しようと思ったのですが・・・・・短編集でも無理でした。難しすぎます。


また今日もこれらを返して借りてきましたが、「永遠の仔」を読み終わるのにかなりの寝不足に陥ったから、軽い話やエッセーを借りてきました。小川洋子、伊集院静、重松清などです。




もうひとつ新刊ですが、日曜日の阿川佐和子と爆笑問題が司会をしてるTVで取り上げられて気になっています。

末期ガンになったIT社長からの手紙 末期ガンになったIT社長からの手紙
藤田 憲一 (2006/06/09)
幻冬舎

この商品の詳細を見る


サイバーエージェントの藤田晋さんも好きですし、ホリエモンも嫌いではありませんでした。彼らの本も一応読みはしてます。
なら・・・・そんな彼らと同じポジションながらも、余命わずかという藤田社長はどんな目線で物事を見ており、どんな心境でいて、どんな苦しみを抱えているのだろうというのがとても気になります。


プレゼントの絵本

2006-06-22-Thu-00:05
のりぞうから誕生日に何冊も絵本をもらいました。
私に子どもが生まれるからという心遣いで絵本なのでしょう。
何年後かに子どもに読み聞かせて欲しいなっていう願いが伝わってきます。
頑張って読み聞かせますわよ。破られたり、落書きされたりしないように気を付けますわよ。

こんな本たちをいただきました。

ふるびたくま ふるびたくま
クレイ・カーミッシェル、江國 香織 他 (1999/08)
BL出版

この商品の詳細を見る


ブルッキーのひつじ ブルッキーのひつじ
M.B. ゴフスタイン (1989/03)
ジー・シー

この商品の詳細を見る
ナゼニ愛ハ…? ナゼニ愛ハ…?
ジミー (2005/10)
小学館

この商品の詳細を見る


実は私ですねーー絵本なのに何回も読んでしまったんです。
んん?って分からないんです。
絵本なんだけど、国語の教科書を読んでるみたいなのよ。
「うーーーん、この物語の主旨は・・・・」なんて考えて何回も読み返すんだから。
私、本はそこそこ読むけど、バババーーッと先がどうなるか知りたい、知りたいって読み進めるばかりだったのね、反省。

まあ後で考えてみれば、とってもシンプルなことだったのよ。

多分純粋な子どもの目で読んだらそんなに何回も読み返さなくてもさらさら~と内容が素直に入っていくんだろうな。

大人って切ないものだわ。それとも私のヨゴレの心の中が問題なのかしら。とほほ。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。